• ホーム
  • 芸能
  • ドラマ「ケンカツ」米田Pが信頼を寄せる、吉岡里帆の“お茶の間目線”の演技

ドラマ「ケンカツ」米田Pが信頼を寄せる、吉岡里帆の“お茶の間目線”の演技

 『カルテット』、『きみが心に棲みついた』(ともにTBS系)など、ここのところ話題の連ドラへの出演で着実な成長を感じさせる女優・吉岡里帆。7月17日よりスタートする主演ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ・フジテレビ系/火曜 21:00〜)では、生活保護受給者と向き合いながら成長していく22歳の新人公務員・義経えみる役を演じる。プロデューサーの米田孝氏は、当時APとして参加していた『レディ・ダ・ヴィンチの診断』(16年10月期)で吉岡と仕事をして以降、彼女の「お茶の間と同じ目線の演技」に注目しており、本作でも主演を依頼したという。福祉現場のリアルにまで徹底追求した本作の制作の狙いを、米田氏に聞いた。

【写真】その他の写真を見る


◆“ホンマ、おるおる!”と思ってもらえるように

「原作(柏木ハルコ著の漫画)の主人公のイメージと合う方は、吉岡さん以外いらっしゃらないと思いました。生活保護受給者の方の健康状態から家族関係、お金のことまで人生丸ごと背負って何かしらのアプローチをするケースワーカーの仕事を通じて、主人公の成長物語を描いていきます。題材は社会派ですが、人間の優しさがテーマ。そんなストーリーから、吉岡さんの女優としての魅力が自然と投影されていくことも望んでいます」(米田氏/以下同)

 脇を固める俳優陣も旬な面々である。主人公の指導係役に井浦新、同期役に川栄李奈山田裕貴、上司役に田中圭、担当受給者役に遠藤憲一が並ぶ。一堂に会した撮影現場は「誰かのために、汗かく、夏」のキャッチフレーズ通り、汗をかきながらもリラックスしたムードで進められているという。また井浦演じる半田明伸のモデルである監修者・衛藤晃氏にも幾度となく現場に足を運んでもらい、細かな指導も行われている。リアルへのこだわりは衣装や小道具などにも反映され、シンプルな紺のパンツスーツに黒のストラップシューズで、錆びついた古い自転車に乗った吉岡が登場する。

「連ドラに派手さやスピード感が求められるなか、あえて今回は素朴でありたい。“ホンマ、おるおる!”と思っていただけるような感じ
をそのままお届けしたいです」

◆現代のドラマは、どれだけ違う顔を持つことができるかが大事

 『シグナル 長期未解決事件捜査班』(18年4月期)、『FINAL CUT』(18年1月期)などでも展開された、ドラマ本編につながる重要な物語を描く「チェインストーリー」企画は、本作でも本編放送終了直後にGYAO!で独占無料配信される。こうした本編以外の仕掛けが求められる理由について、米田氏が独自の考えを語ってくれた。

「今の時代のドラマは、どれだけ違う顔を持つことができるかが大事だと思います。SNSやチェインストーリー企画はその役割を担うことができます。本作でもいろいろと模索していきたいと思っています」

 こうした気づきは、自身が積み上げてきた経験がヒントになっているという。

「ドラマをプロデュースするのは昨年7月期の『僕たちがやりました』に続き2作目です。ドラマに携わる前は営業職の経験が6年半あります。自局の将来を考えた時、どういう番組作りに発展があるのか、社員として考える必要があることは営業の経験から学びました。常にこれを片方の頭で考えることを意識しながらプロデュース業を務めることは、自分の役割だとも思っています」

 視聴率こそ厳しい時代を迎えているが、ドラマシーン自体は盛況だ。そこで、ドラマ作りのこだわりについても聞いてみた。

「イメージをしっかり形にすることが大事。この作品に携わりたいと思ってもらえるような環境を作ることも私の仕事です。また本作で言うと、音楽をTBS系『カルテット』も手がけたfox capture planさんに依頼したことも1つのこだわり。彼らに個性を発揮してもらい音楽でも盛り上げたいです」

 最後に本作の見どころについて、「大袈裟な出来事が起こる物語ではありませんが、現実を突きつけるエピソードも展開し、最終的には後ろを向いていた人が前を向けるような心情を大切にしていきます」と熱弁してくれた米田氏。丁寧な作りのドラマとして期待したい。

文/長谷川朋子

■米田孝(よねだ たかし)
1981年1月生まれ。法学部卒業後、04年に関西テレビ放送に入社。事業、制作バラエティ、営業外勤を経て、15年より東京制作部へ。念願だったドラマ班所属となる。17年7月期のドラマ『僕たちがやりました』で初プロデュースを務め、本作『健康で文化的な最低限度の生活』は2作目のプロデュースとなる。

(『コンフィデンス』 18年7月23日号掲載)



関連写真

  • 新人ケースワーカー役に挑む吉岡里帆 (C)カンテレ
  • ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ・フジテレビ系/火曜 21:00〜)より (C)カンテレ
  • ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ・フジテレビ系/火曜 21:00〜)より (C)カンテレ
  • ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ・フジテレビ系/火曜 21:00〜)より (C)カンテレ
  • ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ・フジテレビ系/火曜 21:00〜)キービジュアル (C)カンテレ

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2018年10月22日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年10月22日号

<COVER STORY>
湯浅政明氏(アニメーション監督 サイエンスSARU 代表)
最大公約数の誰もがおもしろがれるところで
自分ができることを探りたい

<SPECIAL ISSUE>
「15th TIMM」開催、「ANiUTa」にも新たな動き
海外展開最新レポート

お問い合わせ

オリコントピックス