• ホーム
  • 芸能
  • 東山紀之主演『刑事7人』初回11.0% 事件の続きは第2話へ

東山紀之主演『刑事7人』初回11.0% 事件の続きは第2話へ

 俳優の東山紀之が主演するテレビ朝日系ドラマ『刑事7人』(毎週水曜 後9:00)の初回(※15分拡大)が11日に放送され、番組平均視聴率が11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

 同ドラマは、2015年から7月期に放送されてきた刑事ドラマシリーズ第4弾。主人公・天樹悠(東山)を中心とした個性あふれる刑事たちが、法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)とともに、各々の得意分野を生かしながら凶悪犯罪を解決に導いていく。第1シーズンから東山、北大路、倉科カナ吉田鋼太郎が出演し、第2シーズンから塚本高史、今シーズンから新たに田辺誠一白洲迅が加わった。

 昨年シーズンから1年後の設定で、物語は再開。「刑事資料係」で、現場に出ることもなく気ままに捜査資料を読み漁る日々を送っていた天樹、その上司になっていた片桐正敏(吉田)。そして水田環(倉科カナ)と青山新(塚本)は、その片桐からの指示で監察官と交番勤務から「警視庁捜査一課12係」の刑事に戻っていた。

 初回では、7年前に現金輸送車から3億円が強奪された事件をきっかけに、捜査一課12係の主任・海老沢芳樹(田辺)と、天樹の部下で刑事資料係の新人・野々村拓海(白洲)、さらに法医学教授の堂本を加えた7人が一緒に捜査を行っていくようになるまでが描かれた。

 3億円を強奪した犯人は単独犯として松原祐二(永岡佑)が逮捕され、7年の刑期を終えて出所。その直後に保護司を暴行して逃走、その後、何者かに殺害され、遺体となって発見される。実は、海老沢には、7年前、松原は単独犯ではなく、複数犯だったと進言していたが、当時の上司たちに聞き入れてもらえずに、真相究明をあきらめていた過去があった。

 7年前の事件は本当に単独犯だったのか? 事件の裏に暗躍する第三者の影…。警視庁に眠る捜査資料庫から、再び動き始めた事件の続きは、第2話へ持ち越しとなっている。



オリコントピックス