• ホーム
  • 芸能
  • 石原さとみ、峯田和伸の美声にウットリ「ラブシーンができそう」

石原さとみ、峯田和伸の美声にウットリ「ラブシーンができそう」

 女優の石原さとみが3日、都内で行われた11日スタートの日本テレビ系連続連ドラマ『高嶺の花』(毎週水曜 後10:00※初回10分拡大)第1話先行試写会後記者会見に出席した。終盤では、相手役を演じる銀杏BOYZ峯田和伸が主題歌「ラブ・ミー・テンダー」を弾き語りパフォーマンス。周囲を魅了したその歌声に石原は「ラブシーンができそう」と酔いしれた。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは『高校教師』『101回目のプロポーズ』などで知られる脚本家の野島伸司氏が手がけ、石原演じる才色兼備な華道の家元・月島ももと、峯田演じる優しさ以外取り柄のない自転車店の男・風間直人との“格差恋愛”を描く純愛ストーリー。

 会見終了間際、ももの父・市松を演じる小日向文世から「ドラマの主題歌を峯田くんにぜひ歌ってほしい」と突然のリクエスト。「知りませんでした」とサプライズに目をまん丸くする石原や共演の戸田菜穂芳根京子、千葉雄大を前に、峯田は「『ギター持ってきてください』って言われたんですもん…」と恥ずかしそうにしつつ、エルヴィス・プレスリーの「ラブ・ミー・テンダー」を披露した。

 万雷の拍手のなか、その美声にすっかり聞き惚れた石原は「感動です、初めて聴きました…あの…ラブシーンができそうです!」とうっとり。「2話、3話と怒涛の展開なのですがすごく密になっていくので、きょうの会見本当に感謝です」と感激する石原に峯田は「(ラブシーンが)不安だったってことですよね」と苦笑。「不安というより、こうカジュアルな会話がとても多かったので…でもとても今、色っぽい一面をみせていただいてとてもドキドキしました。撮影が楽しみです」と声を弾ませた。

 改めて感想を聞かれ「いつものライブより緊張します」と身を固くする峯田にリクエストした張本人の小日向は「後半、(歌い方が)激しくなったので脱ぎ始めたらどうしようかと…。でもすてきな『ラブ・ミー・テンダー』でした」と冗談を交えつつ絶賛。石原は「感動して心が震えているんですが、みなさんの琴線が触れるドラマになればいいな。すてきなせりふがあるのでキャッチしていただけたらうれしいです」と興奮冷めやらぬ口調でアピールしていた。



関連写真

  • 峯田和伸の歌声に酔いしれていた石原さとみ(左) (C)ORICON NewS inc.
  • 主題歌「ラブ・ミー・テンダー」を披露する峯田和伸 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)戸田菜穂、芳根京子、石原さとみ、峯田和伸(銀杏BOYZ)、千葉雄大、小日向文世 (C)ORICON NewS inc.
  • 主演を務める石原さとみ (C)ORICON NewS inc.
  • 会見に出席した千葉雄大=ドラマ『高嶺の花』第1話先行試写会後記者会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見に出席した(左から)戸田菜穂、芳根京子=ドラマ『高嶺の花』第1話先行試写会後記者会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見に出席した小日向文世=ドラマ『高嶺の花』第1話先行試写会後記者会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見に出席した(左から)戸田菜穂、芳根京子、石原さとみ=ドラマ『高嶺の花』第1話先行試写会後記者会見 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス