• ホーム
  • 芸能
  • 関ジャニ∞・横山、『西郷どん』SPでMCに フット後藤とタッグ

関ジャニ∞・横山、『西郷どん』SPでMCに フット後藤とタッグ

 人気グループ・関ジャニ∞横山裕が、7月8日放送のNHK総合『「西郷どん」スペシャル(2)〜いざ革命へ!西郷と4人の男たち〜』(後8:00)でフットボールアワー後藤輝基とMCを務めることがわかった。歴史家・磯田道史氏を中心に多彩なゲストが、西郷隆盛と出会う英傑たちの魅力とその『金言』を探る歴史バラエティー特番。ゲストには近藤春菜ハリセンボン)、江川達也厚切りジェイソン山崎怜奈乃木坂46)を迎える。

 放送中の大河ドラマ『西郷どん』では、いよいよ西郷どんは革命の表舞台へ。島流しで命さえ危うい“どん底状態”だった西郷が、なぜわずか3年で“日本一の大物”になれたのか? その鍵は4人の男たちとの出会いにあった。勝海舟(遠藤憲一)、坂本龍馬(小栗旬)、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)、そして桂小五郎(玉山鉄二)。今回の番組では4人にスポットを当て、ドラマの世界観をより楽しめる内容となっている。

 視聴者としてドラマを楽しんでいた横山は「このような形で参加できてうれしかったですし、仕事を忘れるくらい楽しかったです」と収録を満喫。「薩長同盟は坂本龍馬のイメージが強いですが、フィクサーがいたことを今回知り、面白いなと思いました。岩倉具視については知らない部分も多く、鶴瓶さんが岩倉具視をどのように演じるのか、楽しみも増えました」とさらに興味も湧いたよう。

 続けて「『西郷どん』は、登場人物たちが覚悟を持って生きていた時代の熱量を役者さんのお芝居を通して伝わってきて、僕も見ていて息するのを忘れるほど見入ってしまいます」とすっかり夢中になっているよう。本編には同じグループのメンバー・錦戸亮が西郷隆盛の実弟・西郷信吾(従道)役で出演中だが「普段僕たちに見せない顔で、あの世界観に入って堂々と演じているのが誇らしいですし、率直にすごいなと思いました」と讃えた。

 一方、「幕末には興味はあるけどどこから手をつけたらいいのか分からなかった」という後藤も「磯田先生にかみ砕いて話していただき、とても分かりやすかったですし、入りやすかったです」とコメント。「龍馬や桂小五郎はイメージがつきましたが、岩倉具視だけイメージがつきませんでした。鶴瓶さん演じる関西弁の岩倉具視が、どのように表現されていくか楽しみです。いままでずっと『西郷どん』をご覧になってきた方も楽しめますし、見たことない方もこれから教科書に載っている出来事がどんどん起こっていくと思いますので、みなさんぜひご覧ください」と呼びかけている。



オリコントピックス