• ホーム
  • 芸能
  • 松本人志、「大迫半端ないって」を絶賛「俺が一番好きな笑い」

松本人志、「大迫半端ないって」を絶賛「俺が一番好きな笑い」

 お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志が、24日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。開催中のサッカー『2018FIFAワールドカップロシア』(W杯)で19日、日本がコロンビアに勝利する大金星をあげた話題の中で、SNSで拡散された動画「大迫半端ないって」と号泣した選手を「めちゃくちゃ面白い」と絶賛した。

 「大迫半端ないって」は、2008年度の高校サッカー選手権大会準決勝で大迫勇也選手のスーパープレーに驚いた敗戦校の主将がロッカールームで泣きながら称賛した言葉。松本は「動画を見ましたけど、(負けた)悔しさ、悲しさの涙から、どんどん言葉にしていくことによって笑いに浄化していく、俺が一番好きな笑い。いいね〜」と笑顔で語った。

 W杯に6大会連続出場する日本は、コロンビアに2-1で勝利し、今大会初戦を白星で飾った。後半に決勝点となるヘディングシュートを決めたのが、大迫選手だったことから、「大迫半端ないって」のフレーズがSNSで拡散された。

 日本の勝利は2010年南アフリカ大会のデンマーク戦以来2大会ぶりで、南米勢からの勝利は日本はもとよりアジア勢として初めて。大会直前のFIFAランキングで日本は61位、コロンビアは16位。ランク差45の下克上は、今大会最大として、世界中に衝撃を与えた。日本は24日深夜0時(=25日午前0時)から1次リーグ第2戦でセネガルと対戦する。



オリコントピックス