• ホーム
  • 芸能
  • 峯田和伸、『宮本から君へ』にカメオ出演 原作も主演俳優も「大好き」

峯田和伸、『宮本から君へ』にカメオ出演 原作も主演俳優も「大好き」

 テレビ東京ほかで放送中のドラマ25『宮本から君へ』の第11話(22日 深0:57〜1:28)に、銀杏BOYZ峯田和伸がカメオ出演することが明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 90年代に多くの若者を魅了した新井英樹氏の漫画が原作。大学を卒業して都内の文具メーカー・マルキタの営業マンになった宮本浩(池松)が、さまざまな人間模様にもまれながら、自分の生き方を必死に探し、葛藤し、挫折し、決意し、戦って、成長していく姿を描く。

 ドラマの後半話も佳境を迎える中、第11話では、ライバル会社のニチヨン営業マン・益戸(浅香航大)とのコンペ争いの結末が見どころとなる。そしてこの回に、音楽活動以外にも、俳優として活躍の幅を広げている峯田が登場。元々原作のファンであり、放送初回には自身のインスタグラムで、番組の感想コメントを寄せていた峯田が、どんな形で出てくるのか。

 峯田本人は「原作がすごく好きなので、今回は実写化ってことでほんとに少しでも関われただけで、僕としては光栄です。しかも僕の大好きな人が主演なので。
(11話撮影時に)会った時の池松くんの顔が、1ヶ月ぶりくらいに会ったんですけど、すごく良い顔つきになっていたので、多分、すごく良い作品になるんだなと思いました。真利子哲也監督は、作品は観たことあったんですけど、お会いするのは初めてで、ちょっとだけでも出演できて良かったなと思ってます」と、コメント。

 これまでの1話〜10話までを視聴した感想も「池松壮亮という一人の青年が、平成の終わりを、時代を背負って、ドラマの中でぶん殴り続けている。何を。欺まんを。不自由を。俺を。もうそういう事じゃないんです」と、興奮気味に語っていた。



関連写真

  • 池松壮亮主演、テレビ東京のドラマ25『宮本から君へ』第11話(6月22日放送)にカメオ出演する銀杏BOYZ・峯田和伸
  • 第11話(6月22日放送)場面カット(C)「宮本から君へ」製作委員会
  • 第11話(6月22日放送)場面カット(C)「宮本から君へ」製作委員会
  • 池松壮亮主演、テレビ東京のドラマ25『宮本から君へ』第11話(6月22日放送)より(C)「宮本から君へ」製作委員会
  • 池松壮亮主演、テレビ東京のドラマ25『宮本から君へ』第11話(6月22日放送)より(C)「宮本から君へ」製作委員会

オリコントピックス