• ホーム
  • 芸能
  • 田中偉登、中川大志に憧れた過去をダブらせ“マジムリ男子”役 三枚目も開眼

田中偉登、中川大志に憧れた過去をダブらせ“マジムリ男子”役 三枚目も開眼

 『マーガレット』(集英社)で2014年より連載された椎葉ナナ氏の同名漫画を原作とする青春コメディー映画(10月12日公開)の前日譚を描く、連続ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』(MBS/TBS「ドラマイズム」枠ほかで放送、全5話)の第2話に田中偉登(18)が出演することが発表された。学園No.1のウザキャラ(!?)、女子から大ブーイングの“マジムリ男子”真島奏太を演じる。

 同ドラマの主人公・古谷斗和(中川大志)は、幼い頃から女子に囲まれてきたイケメンの“愛され男子”。女性からチヤホヤされ、自分はモテると思い込んでいる斗和だが、実は付き合った経験ゼロ、自覚ナシの非リア充男子だった。学校では、新見律(健太郎)、澤田惟智也(甲斐翔真)、久瀬龍生(若林時英)ら同級生たちとバカ騒ぎをしながら過ごす日々。そんな恋愛に縁遠い“ヘタレ男子”たちが、ひょんなことから学校中のさまざまな恋愛模様に巻き込まれ、悶絶する日々を描いていく。

 第2話に登場する奏太は、顔も、身長も、成績も、家も普通。しかし、空気が読めず、キャラがものすごく暑苦しいため、女子から「マジ無理」と拒絶されている。それでも鋼のハートを持っており、バックハグなどのアプローチをいくら拒まれてもへこたれる様子がない。なんとかしてモテようと、学園No.1の愛され男子・斗和の服装、仕草をそっくりそのまま真似てみるのだが、それもすべて逆効果。ますます女子から疎まれるという悪循環に陥っていた。そんな奏太に、手を差し伸べる同級生の早乙女珠子が現れて…。不器用男子たちの恋愛塾がスタートする。

 残念極まりない奏太を演じる田中は、2012年にドラマ「13歳のハローワーク」(テレビ朝日)で俳優デビュー。13年の映画『るろうに剣心』の明神弥彦役、14年の『仮面ライダー鎧武/ガイム』(テレビ朝日)の謎の少年・ラピス役などで注目を集め、今年公開の映画『アイスと雨音』では10代の葛藤を見事に表現し、『孤狼の血』では真木よう子演じるクラブのママを慕う若手組員・柳川タカシ役を演じ、今、話題になっている。

 その確かな演技力で、胸キュンドラマの定番から抜け出した“痛快青春コメディー”である本作の世界観を広げる熱演が期待される田中は「僕が演じる奏太と斗和は、昔の僕と中川さんの関係に少し似ています」と思いを重ねる。

 「中川さんと6年前にドラマでご一緒した時に、カッコいい服を着ているなと思い参考にさせてもらったことがあるので、奏太の気持ちがわかります。奏太ほど空気が読めないのはちょっとどうかなと思いますが、僕自身はメンタルが強くないので、奏太を尊敬する部分もあります。この役はかなり三枚目の役なので、とにかく全力でふざけて、楽しんで演じられればと思っています!」

■ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』放送情報
MBS:6月24日スタート、毎週日曜 深0:50〜(初回は深2:10〜)
TBS:6月26日スタート、毎週火 深1:28〜(初回は深1:35〜)
※その他の放送地域については、ドラマ公式サイトをご覧ください。

■ドラマ公式サイト
https://www.mbs.jp/kakugo/



関連写真

  • ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』第2話で超絶イケメンの愛され男子・斗和(中川大志)の真似をして女子に近づくウザ男・真島奏太役で田中偉登が出演(C)椎葉ナナ/集英社 (C)2018ドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会
  • 田中偉登演じる真島奏太は女子から大ブーイングの“マジムリ男子”(C)椎葉ナナ/集英社 (C)2018ドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会
  • 奏太に手を差し伸べる同級生の早乙女珠子が現れて…(C)椎葉ナナ/集英社 (C)2018ドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会

オリコントピックス