• ホーム
  • 芸能
  • 吉高由里子、主演ドラマを涙で撮了「現場に恋した3ヶ月間」

吉高由里子、主演ドラマを涙で撮了「現場に恋した3ヶ月間」

 女優の吉高由里子が13日に最終回を迎える日本テレビ系連続ドラマ『正義のセ』(毎週水曜 後10:00)をこのほどクランクアップ。新米検事・竹村凜々子役の吉高は「ホッとしたのか、寂しいのか、たぶん両方なんですけど、この作品への想いが自分の中でずっと蓄積されていて、キャパを超えてしまって泣いている気がします」と涙ながらにあいさつした。

【写真】その他の写真を見る


 吉高はバディ役の検察事務官・相原勉役の安田顕と、2人が殺人事件の聞き込み捜査を進める海辺の街でのロケシーンでオールアップ。最後のカットを終えて「吉高さん、安田さん、オールアップです!」とスタッフから声がかかると、大きな拍手が湧き上がると、監督から花束を受け取り、自身は安田へと花束を手渡した。

 3ヶ月間の濃密な撮影を駆け抜けた吉高は「隣にいらっしゃる安田さんには、小さな声と大きな心でたくさん支えてもらいました」と感謝。撮影の間、とにかくむき出しに取り組んできました。それを温かく見守ってくださったキャストのみなさん、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。やっぱり撮影現場が好きだなーと、現場に恋した3ヶ月間でした」と達成感に浸った。

 そんな吉高と凸凹コンビを演じた安田は「本当に忘れられない3ヶ月になりました。
こんな40代のおっさんに主演の方のバディ役を演じる機会を頂いて、とても光栄でした。主演の吉高さんからは人として大事なことを、たくさん教わった気がします。出会いに感謝したいと思います。ありがとうございました!」と笑顔でコメントした。



関連写真

  • 日本テレビ系連続ドラマ『正義のセ』をクランクアップさせた安田顕、吉高由里子 (C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『正義のセ』をクランクアップさせた安田顕、吉高由里子 (C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『正義のセ』をクランクアップさせた安田顕、吉高由里子 (C)日本テレビ

オリコントピックス