• ホーム
  • 芸能
  • 東山紀之主演『刑事7人』シリーズ第4弾 新メンバーに田辺誠一&白洲迅

東山紀之主演『刑事7人』シリーズ第4弾 新メンバーに田辺誠一&白洲迅

 2015年から毎年7月期の「水曜21時」枠で放送されてきた俳優・東山紀之主演のテレビ朝日系ドラマ『刑事7人(けいじしちにん)』が、メンバーを一部入れ替え、今年も7月期の「水曜21時」枠で放送されることが明らかになった。シリーズ第4弾となる今回は、主人公・天樹悠役の東山のほか、倉科カナ塚本高史吉田鋼太郎北大路欣也が“続投”。新たに田辺誠一白洲迅を加えた7人で、資料室に眠る未解決の“超凶悪犯罪”に挑む姿を描いていく。

 東山は「4年目の『刑事7人』です。なんだか1年が経った感じがしないですね。現場にもスッと戻れましたし、まるでデジャブのよう(笑)」と、コメント。新メンバーについて、「田辺さんとガッツリ組むのは初めてなので、どんなお芝居をされるのかが楽しみですね。白洲くんは若手ならではの力で、いい意味でかき回してくれると思います」と歓迎。「北大路欣也さんから白洲迅さんまで、今回もいい7人が揃ったと思います。どんな化学反応が起きるのか楽しみです」と期待に胸を躍らせた。

 第3シリーズは、事故死だと思われていた天樹の妻子は、実は仕組まれたもので、天樹ら「第11方面本部準備室」が追っていた凶悪事件に関係していたこと、その黒幕が信頼していた仲間の一人だった…という衝撃の展開で幕を閉じた。

 第4シリーズでは、事件の責任を問われて第11方面本部準備室が解体されてから1年後が舞台。それぞれ別の閑職に飛ばされていた水田環(倉科)、青山新(塚本)は、「警視庁捜査一課12係」の刑事に復帰。天樹は、警視庁舎の片隅に位置する「刑事資料係」で、現場に出ることもなく気ままに捜査資料を読み漁る日々を送っていた。そんな天樹の上司になっていたのは、なんと片桐正敏(吉田)。さらに片桐は、とある殺人事件の捜査中にこう宣言する。「片桐正敏と天樹悠は資料係、兼、12係の刑事として“二刀流”の任務に就かせていただきます」と。

 環と青山の上司である捜査一課12係の主任・海老沢芳樹(田辺)、天樹の部下となる刑事資料係の新人・野々村拓海(白洲)も巻き込み、法医学の権威・堂本俊太郎(北大路)の協力を仰ぎながら7人で、資料室に埋もれていた過去の迷宮入り事件を解決に導いていく。

 東山は「今回の天樹は刑事資料係に配属されたことで過去の犯罪記録をほぼ記憶し、そこから現在の事件のヒントを導き出していく“人間データバンク”となります。過去の記録の中に詰まっていただろう人の思いを天樹はどう引き出し、どう事件解決につなげていくのか。そこに注目していただければと思います」と見どころを挙げた。

■吉田鋼太郎の『おっさんずラブ』とのギャップにも注目

 4月期に最も話題を呼んだドラマ『おっさんずラブ』(同局)で、“ヒロイン”を好演していた吉田は「見ていらっしゃる方が『片桐が急に天樹を口説き出すんじゃないか』って思わなければいいですけど…。いや、むしろ隙があったらそういうシーンを入れてもらおうかな(笑)」と、ノリノリ!? 「白洲くんとは最近まで同じ舞台に出ていて、一緒にご飯に行くこともしょっちゅう。田辺さんとは20年ほど前に舞台で共演して以来だったのですが、奥さんの大塚寧々さんとは最近までドラマ『おっさんずラブ』で共演していたので、そこでいろいろな田辺さんのお話を伺っていました。まさかこのタイミングで一緒にお仕事できるとは! と驚きましたね」と話していた。



関連写真

  • 東山紀之(上段)主演、テレビ朝日系ドラマ『刑事7人』(7月スタート)第4シリーズはこの7人(中段左から)田辺誠一、倉科カナ、白洲迅、(下段左から)塚本高史、北大路欣也、吉田鋼太郎(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系ドラマ『刑事7人』7月スタート(C)テレビ朝日

オリコントピックス