• ホーム
  • 芸能
  • 『コンフィデンスマンJP』最終回は“ワンシチュエーション劇” ゲストは佐藤隆太

『コンフィデンスマンJP』最終回は“ワンシチュエーション劇” ゲストは佐藤隆太

 女優の長澤まさみが主演するフジテレビ系連続ドラマ『コンフィデンスマンJP』(毎週月曜 後9:00)の最終話(11日放送・15分拡大)のゲストが、俳優の佐藤隆太に決定した。虚弱体質な上にダー子(長澤)の結婚詐欺の被害に遭った不運な男・鉢巻秀男を演じる。

【写真】その他の写真を見る


 最終回は、ダー子のスイートルームからスタート。ボクちゃん(東出昌大)は、ダー子とリチャード(小日向文世)にこれまで稼いだ額が億単位になっていることを聞くと、もう十分稼いだのだから詐欺師稼業から足を洗うべきだと忠告し、2人のもとを離れる。1年後、引越し業で働いていたボクちゃんは、結婚詐欺の被害に遭い親の遺産3000万円を失った男・鉢巻(佐藤)と出会う。その女性の似顔絵を描かせるとダー子にそっくりで、怒り心頭のボクちゃんは鉢巻を連れてダー子のスイートルームを訪れるが、鉢巻の態度が急変し…。

 今回はほぼダー子のスイートルームのみで進行。脚本家・古沢良太氏の真骨頂ともいえる“ワンシチュエーション劇”で展開される。さらに、ドラマ後半にはファンにたまらない仕掛けが用意され、最終回にふさわしく戸田菜穂、袴田吉彦、野間口徹などのサプライズゲストも登場する。



関連写真

  • 『コンフィデンスマンJP』第10話 スイートルームで卓球をする長澤まさみ (C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』第10話ゲストに出演する佐藤隆太 (C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』第10話(左から)佐藤隆太、東出昌大(C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』第10話(左から)東出昌大、長澤まさみ、小日向文世(C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』第10話長澤まさみ(C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』第10話(左から)東出昌大、長澤まさみ、小日向文世(C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』第10話(左から)東出昌大、長澤まさみ、小日向文世(C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』第10話でバスケットボールをする長澤まさみ(C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』第10話でバスケットボールをする長澤まさみ(C)フジテレビ

オリコントピックス