• ホーム
  • 芸能
  • 映画『銀魂2(仮)』と連動したオリジナルドラマ制作決定

映画『銀魂2(仮)』と連動したオリジナルドラマ制作決定

 8月17日公開予定の映画『銀魂2(仮)』と連動したオリジナルドラマ『銀魂2(予定)』の制作が決定。映像配信サービス「dTV」で8月より配信予定であることが明らかになった。

 空知英秋氏の同名漫画(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)を、昨年、小栗旬が主演、福田雄一監督がメガホンをとり、最終興行収入38.4億円という同年の実写邦画No.1の成績を収めた映画『銀魂』。その公開と同時期に、映画では描ききれなかった『銀魂』きっての”泣ける”人気エピソードである「ミツバ篇」を映像化したオリジナルドラマがdTVで配信され、初日の視聴数がdTV歴代1位の視聴数を獲得するなど、こちらも大ヒットした。

 映画の続編の制作・公開が決まったことを受け、昨年に引き続きdTVでも脚本・監督を福田氏が務め、主演に小栗を迎えたオリジナルドラマの制作を行うことが決定。小栗演じる主人公の坂田銀時は普段は、ぐうたらながらも情に厚く大切な仲間を守るためなら、自分の命さえ投げ出してしまうような勇気あふれる侍。今年も“熱い”銀さんは健在で、福田監督も劇場版にも負けず劣らずの意気込みでドラマ版を撮影している。前作に続いて真選組の近藤勲役の中村勘九郎、土方十四郎役の柳楽優弥、沖田総悟役の吉沢亮らもドラマ版に登場。さらに、今年は神楽役の橋本環奈の出演も決定。劇場のスクリーンでしか見られなかったかわいくも力強い神楽が、今年はドラマ版にも華を添える。

 ドラマ版の制作決定に合わせて公開されたティザービジュアルは、神楽役の橋本が撮影現場で自ら筆を持ち、魂込めて描いたという驚愕の作品をそのまま採用。向かって左手はちゅるちゅるした髪の毛が印象的な坂田銀時。いかにもこれから何かやってくれそうな顔付きをしている。向かって左手に描かれているのは神楽。かわいらしさ満開の笑顔が印象的だ。「ことしもdTVでドラマやっちゃうよ〜」というユルめのキャッチが加わり、ファンにはたまらない仕上がりになっている。

 福田雄一監督は「前回も、dTVの方ではギャグ一辺倒の短編をやりたかったのですが、ようやく今回、念願がかないました! ファンの皆様にもとても愛されていて僕も大好きなエピソードを実写化させて頂きました。『これは無理やろ!』と
思われているであろうエピソードも果敢に挑戦してみました! かなり無茶な出来になっております! そんな無茶な感じが癖になる感じに仕上がりそうです。銀魂の真髄であるギャグを満喫して下さい!」と、コメント。『銀魂』の真骨頂であるギャグ満載の仕上がりになりそうだ。

■特集サイトURL
https://video.dmkt-sp.jp/ft/s0007030



オリコントピックス