アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『おっさんずラブ』効果で田中圭がアジアでも人気急上昇

『おっさんずラブ』効果で田中圭がアジアでも人気急上昇

 テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』(2日が最終回 後11:15〜深夜0:05)の人気はサクッと海を越え、韓国・台湾・香港でも旋風を巻き起こしている。ドラマ人気とともに、主演の田中圭の人気も急上昇。「イケメンなのに顔芸がスゴい」と評判で、現地版Wikipediaにも項目が作られるなど、今もっとも勢いのある日本人俳優となっている。

 『おっさんずラブ』は、主人公・春田創一(田中)とおっさん乙女部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、ドSイケメン後輩・牧凌太(林遣都)の三角関係を軸に展開する“この春いちばんピュアな恋愛ドラマ”。

 韓国・台湾・香港では、現在、2日〜約1週間遅れで配信中。第6話が放送された5月26日には、ツイッターの世界トレンドで1位を獲得したほどで、番組を配信している各プラットフォームで、今クールにおける日本ドラマの視聴数ナンバーワンに輝いている。

 特に韓国のプラットフォームでは、現地テレビ局「JTBC」の報道番組でも取り上げられるほど絶大な人気を誇る日本のドラマ『孤独のグルメ』を凌ぐビュー数を記録(単話あたり)して、話題沸騰。春田が誰と結ばれるのか、予想合戦もネットで繰り広げられ、「#どうせ彼氏は部長」「#どうせ彼氏は牧」というワードまで流行りだしているという。

 また、台湾のプラットフォームでも日本のドラマコンテンツ最高値の84.7万ビューを記録。いずれの地域でも、回を重ねるたびにSNSやネットで大反響があり、視聴数も激増するなど、ブームを巻き起こしている(本文中のビュー数に関する情報は5月31日時点のもの。テレビ朝日調べ)。

 実は、韓国・台湾・香港では、田中が各地域の公用語(韓国語、北京語、広東語)であいさつするPR映像も流れており、田中の人気を後押し。このPR映像で田中は、韓国語・北京語・広東語を暗記して、カンペを見ずにカメラ目線でコメントしており、収録も一発OKでコンプリート。指導にあたった先生も「完璧! さすがプロは違う!」と太鼓判を押す現地語を披露した。

 きょうの最終話の放送前には、午後5時半からインターネット「AbemaTV」で第3話〜第6話の一挙配信も敢行。これまでのストーリーは、auの動画配信サービス「ビデオパス」でも見放題配信中。



オリコントピックス