• ホーム
  • 芸能
  • ナイツ土屋も、『捜査一課長』ゲスト出演 “ヤホー”ネタでコラボ

ナイツ土屋も、『捜査一課長』ゲスト出演 “ヤホー”ネタでコラボ

 テレビ朝日系で放送中のドラマ『警視庁・捜査一課長 season3』(毎週木曜 後8:00)の第8話(5月31日放送)に、漫才コンビ・ナイツ土屋伸之がゲスト出演する。同ドラマには、相方の塙宣之がレギュラー出演しており、主演の俳優・内藤剛志と3人のシーンが実現。塙がそうだったように、土屋も刑事役は今回が初挑戦となった。

 同ドラマは、ヒラ刑事から這い上がってきた“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤)と捜査員たちが、“ホシ(犯人)を挙げる”べく奮闘する物語。今シーズンから、濃密な人生経験で培った洞察力が武器の谷中萌奈佳役の安達祐実、長年の主夫経験から得た“女子力”を駆使する“運転担当刑事”奥野親道役の塙が、レギュラー出演している。

 第8話で土屋が演じるのは、亀戸署の刑事「谷保健作(やほ・けんさく)」。谷保は塙演じる奥野の同期という設定だ。第8話はスーパーのチラシ広告で活躍するカリスマモデルが殺害された事件を追うストーリーで、過去に亀戸署管内で起きた事件について調べ直した谷保が、今回の事件の犯人逮捕につながる重要な検索結果を大岩一課長に手渡す、というシーンで登場する。ちなみに、「谷保健作」はナイツの言い間違いネタ「ヤホー検索」をもじった役名。3人は遊び心満載のやりとりを、シリアスに繰り広げる。

 撮影当日、スタジオに揃った土屋と塙の姿を見て、内藤は「すげぇ! ナイツの2人だ!」と大興奮。「谷保の検索結果」というせりふを何度も大マジメに繰り出す3人の芝居に、スタッフが思わず笑ってしまうほどだった。内藤も「塙さんもそうですが、たくさんの方を楽しませる芸人さんはスゴい力を持っていますね。そんなパワーを作品に持ち込んでいただいて、本当にうれしいです!」と、ナイツの参加を喜んだ。

 撮影を終えて、土屋は「めちゃくちゃ緊張しました。いつも言い間違えてボケるのは塙さんの方なので、言い間違えない塙さんの横で、僕が“谷保=ヤホー”と口にするのはやりづらかったですね(笑)」と言いながらも、ホッとした表情。

 「前フリも説明もなしに、いきなり“谷保健作”という名前を出して、ナイツのネタだと誰もがわかるのは、まさにお2人の力」と内藤がたたえると、塙は「いえ、僕らではなく、Yahoo!さんの力です(笑)。でも、言い間違いネタをやり続けてきて、よかったです。こんなコラボをやらせていただいて本当にありがたくてしょうがないです」と、しきりに感謝していた。

 内藤はさらに「第8話では、土屋さんが僕に渡してくれた検索結果が、犯人逮捕につながるんです。このシーンはストーリー的にも“要”になっているので、ぜひ楽しみにしていただきたい。そして、これから亀戸署が物語に登場するときは、土屋さんに必ず出演していただきたいですね」と、土屋にレギュラー出演を要請。

 思わぬオファーに土屋は「2回目の出演がありそうな役名ではないですが(笑)、重要なポジションを任されてすごいプレッシャーでしたので、ぜひともこのシーンに注目していただきたいです!」と照れをこらえてアピールしていた。



関連写真

  • 5月31日放送、テレビ朝日系『警視庁・捜査一課長』第8話にゲスト出演するナイツ・土屋伸之(右)。相方の塙宣之(右)はレギュラー出演。主演は内藤剛志(中央)(C)テレビ朝日
  • 土屋が演じるのは亀戸署の刑事「谷保健作(やほ・けんさく)」(C)テレビ朝日
  • 犯人逮捕につながる重要な検索結果を大岩一課長に手渡すシーン(C)テレビ朝日

オリコントピックス