• ホーム
  • 芸能
  • 小池徹平、月9で億万長者のIT社長役 卓球・平野美宇も登場

小池徹平、月9で億万長者のIT社長役 卓球・平野美宇も登場

 俳優の小池徹平が、6月4日放送のフジテレビ系連続ドラマ『コンフィデンスマンJP』(毎週月曜 後9:00)第9話『スポーツ編』に出演。億万長者となった若きIT社長・桂公彦(かつら・きみひこ)として、信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)と対峙する。また卓球・平野美宇選手もドラマ初出演にして演技に初挑戦する。

【写真】その他の写真を見る


 『スポーツ編』でダー子らがターゲットにする桂は、大のスポーツ好き。野球やサッカーなど、これまでさまざまなプロスポーツクラブを買収してきたが、高額年俸選手の解雇や、コーチ陣の入れ替えなどを独断で行い、その横暴な現場介入ぶりからチームやファンとの衝突が絶えない。所属選手に対しても「お前ら、俺の持ち物なんだよ」などの暴言を吐くことでも有名で、チームが崩壊し、立て直しが困難になると放り出すことを繰り返している悪役だ。

 小池は自身のキャラクターについて「最初はずっと嫌なヤツに描かれてて、でも嫌なヤツだけで終わってしまうのではなく、なぜそうなってしまったのかということがちゃんと描かれています。幼少期の体験だったり、人に裏切られたりとか、お金持ちになったこととか、さまざまな原因が重なっていて、すごく人間味がある人物だと思いました」と分析。

 「ある意味わかりやすい人物で、演じていてすごく気持ちがいいですね。監督ともずっと話していたんですけど、頭がいい人に見せたいというのがあって、早口でしゃべったりとか、嫌なヤツなんだけど、それをあからさまには見せないで、雰囲気やしゃべり方などでそう感じさせるような役作りを意識しましたね。普通すぎても面白くないので、ちょっと“こチャラい感”を出すようにしました」とこだわりを明かした。

 桂は卓球バーが行きつけという情報をつかんだダー子は、彼が次に目を付けるのはプロ化目前の卓球だと推測。ダー子は、鴨井ミワ(平野美宇)が所属する強豪卓球チーム・東京ジェッツが、さらに強力な中国人選手の招聘(しょうへい)に成功したというプランを思いつき、自らは元・中国ナショナルチームの楊珊珊(やん・しゃんしゃん)、ボクちゃんは張彬彬(ちゃん・びんびん)に扮(ふん)し、桂に買収話を売り込むが…。

 「毎回いろいろな話があると思いますが、僕の回は“スポーツ編”です。おそらく僕のイメージにあまりない役どころなので、“悪いヤツをやるんだな”ということで楽しみにしていただけたらと思います。スピーディーな展開でスカッとする終わり方なので、皆さんのちょっとした息抜きになったらいいなと。嫌な気持ちにはさせませんので、とにかくスカッとしていただきたいなと思います」とアピールしている。



関連写真

  • 『コンフィデンスマンJP』の第9話ゲストとして出演する小池徹平(C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』の第9話ゲストとして出演する平野美宇(C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』今週のダー子(C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』第9話の(左から)長澤まさみ、小日向文世(C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』今週のダー子(C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』今週のダー子(C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』第9話の(左から)長澤まさみ、東出昌大(C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』第9話の(左から)小池徹平、長澤まさみ(C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』第9話の(左から)東出昌大、小日向文世(C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』第9話の東出昌大(C)フジテレビ
  • 『コンフィデンスマンJP』の第9話ゲストとして出演する和田聰宏(C)フジテレビ

オリコントピックス