アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 草笛光子、劇場オープンを“毒舌祝福”「床がちゃんとしてない…」

草笛光子、劇場オープンを“毒舌祝福”「床がちゃんとしてない…」

 女優の草笛光子(84)、木の実ナナ(71)らが24日、東京・六本木トリコロールシアターで行われたリーディング公演『愛のゆくえ』の記者発表会に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同小劇場(200人収容)のこけら落とし公演として上演される『愛のゆくえ』(6月9日〜27日)。白樹栞(プロデュース)、フランソワーズ・サガン(作)、鵜山仁(演出)が手掛ける朗読劇に草笛、木の実、麻実れい(68)、剣幸(64)、浅田美代子(62)、賀来千香子(56)、中嶋朋子(46)、寺島しのぶ(45)ら豪華女優陣が、日替わりで出演する。

 オーナーを務める白樹は「日本を代表する女優たちに劇場のこけらを飾ってもらえること…。これでいつ死んでもいいというくらい本望です」と涙ながらに喜びを語ると「もう少し予算ができたら同時通訳の設備を入れて、国際的な劇場に育ってもらいたい。いつの日か、私が死んだ後にでも『日本のブロードウェイは、あの劇場が最初の拠点だった』と言われるようになってもらえるように」と願うように展望を明かした。

 キャスト陣最年長の草笛は「宝塚帝劇や芸術座、コマ劇場とこけら落としを何度も経験してる」と振り返りつつ「床を見るとまだちゃんとしていない。でもこの小さが小粒でピリリな劇場。素晴らしい役者たちの汗と涙が染み込んで、素晴らしい作品を上演する劇場にしていただきたい」と“毒舌”を交えて祝福。白樹が「これでちゃんとしてるんです。予算がなくて…」と返し、笑いを誘っていた。



関連写真

  • (左から)木の実ナナ、草笛光子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)白樹栞、鵜山仁、寺島しのぶ、中嶋朋子、浅田美代子、剣幸、麻実れい、木の実ナナ、草笛光子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)浅田美代子、剣幸、麻実れい (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)寺島しのぶ、中嶋朋子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス