• ホーム
  • 映画
  • 真木よう子、“母”からの手紙に感激「さみしくなったら抱きしめてもらった」

真木よう子、“母”からの手紙に感激「さみしくなったら抱きしめてもらった」

 女優の真木よう子が22日、都内で行われた映画『焼肉ドラゴン』一家大集合舞台あいさつに登壇。オモニ(お母さん)役のイ・ジョンウンから、サプライズで手紙が届いていることが知らされると感激した表情を浮かべた。

【写真】その他の写真を見る


 手紙の中で、ジョンウンは「私のもうひとつの家族であるみなさんに会いたい思いでいっぱいです。映画の公開に合わせて(日本に)行けないことは大変残念ですが、どこにいても私たちは家族であることを忘れません。この映画でオモニを演じられた日々はこれからも幸せな思い出として残っていきます」とつづった。

 MCからの代読を聞き終えた真木は「私はほんとに大好きで、順撮りといって台本の通りに撮影が進んでいったので、終盤とかはだんだんと悲しくなっていって、そこに撮影が終わってしまうという気持ちもあって、そういう時にイ・ジョンウンさんはお芝居に対しても、人に対してもすごくやさしい方でした」としみじみ。「私は自分のお母さんのように思っていて、さみしくなったらイ・ジョンウンさんのところにいって、ギュッと抱きしめてもらって、ナデナデしてもらっていました。私も会いたいです」と呼びかけていた。

 2008年に、日本の新国立劇場と韓国の芸術の殿堂(ソウル・アート・センター)のコラボレーションで製作された同名舞台を映画化。高度経済成長期の真っ只中、万国博覧会が催された1970年代に関西の地方都市の一角で、一家が営む焼肉店を舞台に、故郷を奪われた6人の家族が時代の波に翻弄されながらも、泣いて笑って、力強く生きる姿を描く。

 舞台あいさつにはそのほか、井上真央桜庭ななみ、大江晋平、キム・サンホ、鄭義信監督も登壇。映画のタイアップ店「焼肉ドラゴン」(東京・渋谷 肉横丁)オープンを記念しエプロン姿で試食などを楽しんだ。同作は、6月22日より公開される。



関連写真

  • “母”からの手紙に感激した真木よう子 (C)ORICON NewS inc.
  • (前列左から)鄭義信監督、キム・サンホ、大江晋平(後列左から)桜庭ななみ、真木よう子、井上真央 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『焼肉ドラゴン』のタイアップ店オープン記念イベントに出席した真木よう子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)桜庭ななみ、真木よう子、井上真央、大江晋平 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『焼肉ドラゴン』のタイアップ店オープン記念イベントに出席した大江晋平 (C)ORICON NewS inc.
  • メニュー当てのために試食する様子=映画『焼肉ドラゴン』のタイアップ店オープン記念イベント (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『焼肉ドラゴン』のタイアップ店オープン記念イベントに出席した井上真央 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『焼肉ドラゴン』のタイアップ店オープン記念イベントに出席した桜庭ななみ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『焼肉ドラゴン』の舞台あいさつに登壇した桜庭ななみ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『焼肉ドラゴン』の舞台あいさつに登壇した井上真央 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス