• ホーム
  • 映画
  • 是枝裕和監督『万引き家族』がカンヌ映画祭最高賞パルムドール受賞「足が震えています」

是枝裕和監督『万引き家族』がカンヌ映画祭最高賞パルムドール受賞「足が震えています」

 世界3大映画祭の一つ、『第71回カンヌ国際映画祭』授賞式が19日(日本時間20日)、フランスで行われ、コンペティション部門に出品されていた是枝裕和監督の最新作『万引き家族』(6月8日公開)が最高賞の「パルムドール」を受賞した。日本映画では1997年の今村昌平監督作品『うなぎ』以来、21年ぶりの快挙となった。

【写真】その他の写真を見る


 カンヌ参加は7回目と常連だが、壇上でトロフィーを受け取った是枝監督は「さすがに足が震えています」と感無量の表情。「この場にいられることが本当に幸せです。そして、この映画祭に参加するといつも思いますが、映画を作り続けていく勇気をもらいます。そして、対立している人と人を、隔てられている世界と世界を映画がつなぐ力を持つのではないかという希望を感じます」と実感を込めた。

 続けて「今回みなさんにいただいた勇気と希望を、まず一足早く戻ったスタッフとキャストに分かち合いたいですし、作品が選ばれたにも関わらず、ここに参加できなかった2人の監督たちとも分かち合いたいですし、これから映画を作り、ここを目指す若い映画の作り手たちとも分かち合いたいと思います。ありがとうございます」スピーチを締めくくった。

 本作は是枝監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語る意欲作。東京の下町に暮らす一見どこにでもいそうな平凡で貧しい家族。しかし彼らは犯罪で生計をたて、ひっそりと暮らしていた。犯罪でしかつながれなかった家族たち。不完全だが、愛すべき家族の心揺さぶる衝撃の物語を描く。日雇い労働者の父をリリー・フランキー、妻を安藤サクラ、妻の妹を松岡茉優、祖母を樹木希林が演じた。

 現地時間13日(日本時間14日)に行われた公開上映では、約9分にわたるスタンディングオベーションが起こった。辛口な海外メディアからも賛辞が飛び交い、パルムドール受賞への期待が高まっていた。

■是枝裕和監督 カンヌ国際映画祭出品作品歴
『DISTANCE』(2001年 第54回コンペティション部門)
『誰も知らない』(2004年 第57回コンペティション部門=最優秀男優賞受賞(柳楽優弥))
『空気人形』(2009年 第62回ある視点部門)
『そして父になる』(2013年 第66回コンペティション部門=審査員賞受賞)
『海街diary』(2015年 第68回コンペティション部門)
『海よりもまだ深く』(2016年 第69回ある視点部門)
『万引き家族』(2018年 第71回コンペティション部門=パルムドール受賞)



関連写真

  • 『第71回カンヌ国際映画祭』で最高賞パルムドールを受賞した是枝裕和監督(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.
  • 『第71回カンヌ国際映画祭』授賞式壇上で「さすがに足が震えています」(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.
  • 世界3大映画祭の一つ『第71回カンヌ国際映画祭』授賞式(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.
  • 『第71回カンヌ国際映画祭』でパルムドームを受賞した是枝裕和監督最新作『万引き家族』(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

オリコントピックス