• ホーム
  • 芸能
  • 櫻井孝宏、『やりすぎ都市伝説』ナレーションを担当「人ごとじゃないかもしれません」

櫻井孝宏、『やりすぎ都市伝説』ナレーションを担当「人ごとじゃないかもしれません」

 テレビ東京系で18日に放送される『やりすぎ都市伝説SS緊急!“人類の未来年表”は残り27年…』(後9:00〜10:48)にマツコ・デラックスが初出演。収録後、マツコは「だんだんテレ東がやれる番組ではなくなってきたわね…。最近、いいことが何もなかったけど、もう少し苦しんで生きてみようと思った。きょうの出演に関しては、ギャラいらない!」とコメントするほど衝撃を受けた、その内容とは? そして、今回、アニメ『おそ松さん』のおそ松役などを務める声優で、ナレーションを担当した櫻井孝宏が、急きょコメントを寄せた。

【写真】その他の写真を見る


 櫻井のコメントは次のとおり。「『やりすぎ都市伝説』のナレーションのお話を最初にいただいた時は、本当にビックリしました。『やりすぎコージー』時代から、番組を楽しみに観ていたので…。元々、子どもの頃からUFO(未確認飛行物体)とかUMA(未確認動物)とか好きだったんです。なので『都市伝説』シリーズも欠かさず観ていました。ナレーションのお仕事はアフレコと違う難しさがありますね。内容が内容だけにすごく刺激的です。ちょっとうれしいのが、視聴者の皆さんよりも早く番組内容を知ることができること。そこは役得だと思っています(笑)。今回の都市伝説は、『地球の異変』がテーマです。そこのあなた! 人ごとじゃないかもしれませんよ…。ぜひご覧ください!」。

 同番組は、『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説』のスピンオフ企画。MCの千原ジュニア&Mr.都市伝説・関暁夫&マツコが熱い都市伝説トークを繰り広げる。今回の舞台はトルコ&スウェーデン。太古より宇宙のメッセージが眠る国トルコ、テクノロジー先進国スウェーデン。対称的な2ヶ国での取材を通して、地球に迫る新たな危機、最新テクノロジーがもたらす人類の進化、太古の遺跡に隠された未来へのメッセージなど、これまでの『やりすぎ都市伝説』で関が語ってきたことが「1本の線」になってつながっていく。そして、Mr.都市伝説の関が今回発表する「人類の未来年表」とは? 信じるか信じないかは、あなた次第だ。

 今回も恒例企画として、LINE LIVEで緊急生集会の配信も行う。放送直前の18日は午後7時30分から。そして、放送直後の午後11時から生配信。テレビでは絶対に放送できない、ここだけのヤバい都市伝説を“生”披露する予定。ゲストとして、『やりすぎ都市伝説』のファンであるSILENT SIRENひなんちゅが登場。生配信中にコメントして、関に直接質問を投げかけることもできる。



関連写真

  • 5月18日放送、テレビ東京系『やりすぎ都市伝説SS緊急!“人類の未来年表”は残り27年…』声優の櫻井孝宏がナレーションを担当(C)テレビ東京
  • マツコ・デラックスがゲスト出演(C)テレビ東京
  • 5月18日放送、テレビ東京系『やりすぎ都市伝説SS緊急!“人類の未来年表”は残り27年…』放送前にLINE LIVEで緊急生集会を生配信(C)テレビ東京
  • 5月18日放送、テレビ東京系『やりすぎ都市伝説SS緊急!“人類の未来年表”は残り27年…』放送後にもLINE LIVEで緊急生集会を生配信(C)テレビ東京
  • 5月18日放送、テレビ東京系『やりすぎ都市伝説SS緊急!“人類の未来年表”は残り27年…』より(C)テレビ東京
  • 5月18日放送、テレビ東京系『やりすぎ都市伝説SS緊急!“人類の未来年表”は残り27年…』より(C)テレビ東京

オリコントピックス