• ホーム
  • 芸能
  • 『TOKIO WALKER』 松岡パーソナリティで再出発 冒頭謝罪も「自分も勉強」と決意新た

『TOKIO WALKER』 松岡パーソナリティで再出発 冒頭謝罪も「自分も勉強」と決意新た

 TOKIO松岡昌宏(41)がパーソナリティーを務めるFMラジオ局NACK5の新番組『TOKIO WALKER』(毎週日曜 前7:00)が13日、スタートした。6日にジャニーズ事務所と契約解除された元グループメンバーの山口達也さん(46)がパーソナリティを務めた『山口達也 TOKIO WALKER』の後番組となる。

 山口さんの処遇については、2日にTOKIO4人が会見した際、山口さんから「辞表」を預かっているとリーダーの城島茂(47)が報告。ジャニーズ事務所は6日、FAXを通じ「6日、(山口さん)当人からも直接、弊社に対し、(辞意の)強い意思表明がありました」と説明。それを踏まえ「本日、弊社社長とTOKIOリーダー城島茂との協議が行われ、この申し出を受理する判断に至りました」と発表していた。

 番組冒頭、「すでにご存知かと思いますが、毎週この時間を担当していた山口達也が、皆様に多大なご迷惑、そしてご心配をおかけして大変、申し訳ありませんでした」と謝罪した松岡。「本来ならば本人から謝罪すべきところですが、山口本人がその状態にございません」と語った。

 続けて「ラジオを楽しんでいる皆様に僕が代わりというのが、おこがましいところもありますけど、これからももっとこのラジオを楽しんでもらいたいということで、とりあえず私がこの番組を担当させていただくことになりました」と報告し「いろんなご意見もおありになると思うし、皆様のお気持ちもある。自分も勉強させて頂きたいと思います。これから一時間、毎週、私が担当させて頂きますので、お付き合い頂けるとうれしいです」と決意新た。

 手探り状態ながら、主演ドラマ『家政夫のミタゾノ』の撮影秘話などを含め、1時間のトークを全うした松岡。エンディングでは「FMという概念はいいんですね、私はこういう感じでよろしいですか?」とリラックスした様子で笑い「ご意見、ご感想をどんどお送って下さい。皆さんでこの番組を作っていきたいと思います」と呼びかけていた。



オリコントピックス