アニメ&ゲーム カテゴリ

愛知・長久手『ジブリパーク』どんな施設に?

 愛知県長久手市内に4年後の2022年度中の開業を目指している『ジブリパーク』。どんな施設になるのでしょうか? 

【写真】その他の写真を見る


 愛知県は、13年前の05年に開催された愛知万博のメイン会場となった、愛・地球博記念公園に、『となりのトトロ』など、スタジオジブリのアニメ映画の世界を再現した施設を整備する構想を掲げ、17年5月31日にスタジオジブリと合意。今年4月下旬にジブリによる施設の基本デザインの一部を発表した。(1)青春の丘、(2)ジブリの大倉庫、(3)もののけの里、(4)魔女の谷、(5)どんどこ森の5つのエリアに、ジブリ作品にちなんださまざまな施設を整備する方針だ。

(1)青春の丘エリア

 「エレベーター棟」周辺をメインゲートとして、映画『ハウルの動く城』などのジブリ作品に見られる19世紀末の空想科学的な要素を取り入れる。斜面の高低差を生かして、映画『耳をすませば』のアンティークショップ「地球屋」を再現する。

(2)ジブリの大倉庫エリア

 今年9月末に営業を終了する温水プールの空間を活用して、通年天候に左右されずに楽しめる施設としてリニューアル。展示室や映像展示室、子どもの遊び場、ジブリの展示物を収蔵する倉庫も兼ねる。

(3)もののけの里エリア

 「あいちサトラボ」の田畑など日本的な景観と調和を図るため、映画『もののけ姫』の「タタラ場」をモチーフにした建物などを整備。広場には、映画『もののけ姫』の「タタリ神」や「乙事主」をモチーフにしたオブジェを設置する。

(4)魔女の谷エリア

 大芝生広場近くにある未利用地に映画『ハウルの動く城』の「ハウルの城」や映画『魔女の宅急便』の「オキノ邸」(主人公キキの実家)、遊戯施設などを整備。魔法を題材とした2作品にちなんで「魔女の谷」。

(5)どんどこ森エリア

 愛・地球博で最も人気のあったパビリオンの1つで、現在も有料公開している『サツキとメイの家』。映画『となりのトトロ』に登場する姉妹、サツキとメイの住む家をそのまま再現し、昭和30年代の暮らしぶりに触れ、懐かしい風景を体験できる。現在の施設周辺をより充実させ、裏山の森に散策路を再整備。エリア名の「どんどこ森」は、『となりのトトロ』の中で、サツキとメイの蒔いた種が、早く芽を出すようにと、夜、トトロと一緒に踊った「どんどこ踊り」に由来。



関連写真

  • 愛知・長久手で2022年度中の開業を目指す『ジブリパーク』既存の「サツキとメイの家」の周辺も再整備(C)Studio Ghibli
  • メーンゲート(青春の丘エリア)は映画『ハウルの動く城』などのスタジオジブリ作品に見られる19世紀末の空想科学的なデザインに(C)Studio Ghibli
  • ジブリの大倉庫エリア(イメージ)(C)Studio Ghibli
  • 愛知・長久手で2022年度中の開業を目指す『ジブリパーク』ジブリの大倉庫エリア(全体イメージ)(C)Studio Ghibli
  • 愛知・長久手で2022年度中の開業を目指す『ジブリパーク』もののけの里エリア(イメージ)(C)Studio Ghibli
  • 愛知・長久手で2022年度中の開業を目指す『ジブリパーク』魔女の谷エリア(イメージ)(C)Studio Ghibli
  • 愛知・長久手で2022年度中の開業を目指す『ジブリパーク』基本デザインエリア

オリコントピックス