• ホーム
  • 芸能
  • 【18年1月期 コンフィデンス・ドラマ賞】坂元脚本『anone』で田中裕子&清水尋也が受賞

【18年1月期 コンフィデンス・ドラマ賞】坂元脚本『anone』で田中裕子&清水尋也が受賞

 オリコンのグループ会社・oricon ME発行のエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が、18年1月期(第11回)の結果を発表。『Mother』(10年)、『Woman』(13年)に続く、脚本・坂元裕二氏、監督・水田伸生氏による日テレ系連ドラ第3弾『anone』で、温かみのある演技で主演の広瀬すずをアシストした田中裕子が「助演女優賞」を、“彦星くん”を演じた清水尋也が「新人賞」をそれぞれ受賞。7部門のうち『anone』2部門を獲得した。

【写真】その他の写真を見る


 田中が演じたのは、1年前に他界した夫が自営の印刷所で製造していた「ニセ札」を発見したことから、人生が一変していく老齢の女性・林田亜乃音。同作ではニセ札をきっかけに知り合った主人公のハリカ(広瀬すず)、青羽(小林聡美)、持本(阿部サダヲ)ら、訳ありメンバーとの共同生活が印象的に描かれたが、夕食を作ったり、洗濯ものを畳んだりと、田中は日々の暮らしを懐の深い演技で見せ、生きる上で大切なものは何か?真実の愛は何か?という本作の核となるメッセージを温かく伝えた。

 一方、清水が演じた紙野彦星は、ハリカのチャット友だちで、病院で長い闘病生活を送る少年という役どころ。ネット上で偶然知り合ったハリカと彦星だが、チャットでの会話を通して、その昔、2人が同じ更生施設で共に過ごしていた幼なじみであること、彦星の治療には高額なお金が必要であることなど、物語を展開していく事実が次々と発覚していく。病床からチャットをする彦星演じる清水は、中盤までは“声による演技”がメインとなったが、ハリカと徐々に心を通わせ想いを募らせていく様子、病への絶望など、彦星の心情を見事に表現。もちろん、顔が見えてからも彦星の機微を体現してみせ、終盤では多くの視聴者の涙を誘った。

なお、それぞれの受賞者のコメントは以下の通り。

■助演女優賞:田中裕子

 坂元裕二さんの原作、水田伸生さん演出、広瀬すずさん主演の『anone』に出させていただき楽しかったです。居場所を持たない“にせもの”たちに引きつけられました。この作品で受賞させていただきうれしいです。ありがとうございました。

■新人賞:清水尋也

 賞をいただけるほど良いお芝居ができたか自分ではよくわからなくて……。そんな評価をいただけたことに驚いています。水田伸生監督、坂元裕二さんのタッグの作品に携われたのはとても名誉なことですし、それをこの年齢で経験できたのは、すごく恵まれた、ありがたいことだと感じています。今作に出演できたことは、かけがえのない財産になりました。水田監督が僕を目で見て、オーディションから選んでくれたことに恥じない活動をこれからもしていきたいです。これからがすごく大事だと思います。そんなチャンスをいただけた作品に心から感謝しています。

【第11回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」結果一覧】
作品賞:金曜ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)
主演男優賞:志尊淳(ドラマ10『女子的生活』/NHK総合)
主演女優賞:石原さとみ(金曜ドラマ『アンナチュラル』/TBS系)
助演男優賞:井浦新(金曜ドラマ『アンナチュラル』/TBS系)
助演女優賞:田中裕子(『anone』/日本テレビ系)
脚本賞:野木亜紀子氏(金曜ドラマ『アンナチュラル』/TBS系)
新人賞:清水尋也(『anone』/日本テレビ系)

※「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」とは、オリコンのグループ会社oriconMEが発行する、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する「質の高いドラマ」を表彰する賞。視聴者の評価は、『コンフィデンス』が毎週、約700名を対象に調査しているドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の累積平均データを使用。審査員の投票結果と合計したうえで、最終的には有識者20名による審査会で決定する。



関連写真

  • 温かみのある演技で主演の広瀬すずをアシストした田中裕子 (C)日本テレビ
  • 主人公のハリカと心を通わせていく紙野彦星を好演した清水尋也 (C)日本テレビ
  • 清水尋也 (撮影:鈴木かずなり)
  • 『anone』(日本テレビ系)で、主人公・ハリカを温かく包み込む林田亜乃音役を好演した田中裕子 (C)日本テレビ
  • 『anone』(日本テレビ系)で、主人公・ハリカを温かく包み込む林田亜乃音役を好演した田中裕子 (C)日本テレビ
  • 『anone』(日本テレビ系)で、主人公・ハリカを温かく包み込む林田亜乃音役を好演した田中裕子 (C)日本テレビ
  • 『anone』(日本テレビ系)での演技が評価され、『第11回コンフィデンスアワード・ドラマ賞』で新人賞に輝いた清水尋也 (撮影:鈴木かずなり)
  • 『anone』(日本テレビ系)で、主人公のハリカと心を通わせていく紙野彦星を好演した清水尋也 (C)日本テレビ
  • 『anone』(日本テレビ系)で、主人公のハリカと心を通わせていく紙野彦星を好演した清水尋也 (C)日本テレビ

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2018年10月22日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年10月22日号

<COVER STORY>
湯浅政明氏(アニメーション監督 サイエンスSARU 代表)
最大公約数の誰もがおもしろがれるところで
自分ができることを探りたい

<SPECIAL ISSUE>
「15th TIMM」開催、「ANiUTa」にも新たな動き
海外展開最新レポート

お問い合わせ

オリコントピックス