• ホーム
  • 芸能
  • TEAM NACS・音尾&安田&戸次が朝ドラ『なつぞら』出演 地元・北海道が舞台

TEAM NACS・音尾&安田&戸次が朝ドラ『なつぞら』出演 地元・北海道が舞台

 北海道出身の演劇ユニット・TEAM NACS音尾琢真安田顕戸次重幸の3人が、女優・広瀬すずがヒロインを務める2019年春から放送のNHK連続テレビ小説第100作『なつぞら』(作:大森寿美男)への出演が決定した。今回発表された『北海道・十勝』編キャストとして出演する3人のうち、音尾と安田が26日、同局内で行われた会見に出席し、意気込みを語った。

 本作の舞台となるのは、北海道と東京。戦争で両親を亡くした少女・奥原なつ(広瀬)は、養父とともに北海道・十勝に移り住み、大自然と開拓精神にあふれた人たちに育まれ、たくましく成長する。高校卒業後、上京して、当時草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込み、みずみずしい感性を生かして活躍する生き様を描いていく。

 安田は十勝・帯広のお菓子屋『雪月』の店主・小畑雪之助、音尾はなつの新しい家族となる柴田牧場の従業員・戸村悠吉(小林隆)の息子・菊介、戸次は戦後に東京から入植した山田家の主・正治を演じる。

 今回が朝ドラ初出演の音尾は「憧れの朝ドラ、しかも100作目に出ることができ、北海道出身でつくづく良かった…」としみじみ。しかし「隣をみると劇団の仲間がいることで、ちょっとだけ喜びが半減しています。俺だけじゃないのか。あと2人(大泉洋森崎博之)出てこないことを願います」と憎まれ口を叩きつつ、「そんなTEAM NACSのメンバーを愛するようにこのメンバーを愛していきたい」とやる気十分。マネージャーから朝ドラ出演を聞かされた際には、安田と固く握手を交わしたことを明かした。

 一方、「北海道が舞台の作品に呼んでいただけて光栄」と噛み締めた安田は「同じ演劇のメンバーである音尾琢真と戸次重幸と一緒にやれることがうれしい。5人組なので残り2人もなんとか出ていただけたら。ひょっとしてバーターなんじゃないか…」と音尾と正反対のコメントでしたり顔。「撮影中、そしてその後も品行方正に過ごしていきたい」と背筋を正して笑いを誘った。

 このほか、柴田牧場のキャストとして草刈正雄(柴田泰樹)、松嶋菜々子(柴田富士子)、藤木直人(柴田男)、清原翔(柴田照男)、福地桃子(柴田夕見子)の出演が発表。また、なつのたった一人の兄・奥原咲太郎を演じる岡田将生、『雪月』の人々として高畑淳子(小畑とよ)、山田裕貴(小端雪次郎)、なつに絵心を教えた青年画家・山田天陽を演じる吉沢亮、そして第31作『おしん』以来約35年ぶりの出演となる小林綾子(山田タミ)も登壇した。



関連写真

  • 連続テレビ小説第100作『なつぞら』に出演する 安田顕と音尾琢真(C)ORICON NewS inc.
  • 安田顕 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス