• ホーム
  • 芸能
  • 高橋一生が思う“運命の恋”「正しさをどうすり合わせていくか…」

高橋一生が思う“運命の恋”「正しさをどうすり合わせていくか…」

 俳優の高橋一生が26日、都内で行われた老舗高級ジュエラー『ブシュロン』の創業160周年記念オリジナルショートフィルム『Cinder Ella〜ある愛と自由の物語〜』制作発表会に出席。同作への出演を果たした感想について「大変光栄なこと。歴史・伝統のあるブランドさんなので、今まで通りにお芝居をやりながらも、ドラマの世界観を損なわないようにできるかというのは気をつけていました」とかみしめるように語った。

【写真】その他の写真を見る


 シャルル・ペローの『シンデレラ』を再解釈した同作のテーマは「自由な精神」。常に自分に正直で、自らの直感に従い、慣習を破ることを恐れず、自分らしく大胆に生きるという同社のメッセージを伝える内容となっている。

 高橋は、同作の魅力について「言語の違いというのが、いずれ飛び越えられる日が来るんじゃないかと思わせるようなストーリーで、自分の中で腑に落ちまして、説得力があったので、その辺りがどう映像になるのか楽しみなところです」と力説。作品と絡めて「運命の恋」への見解を聞かれると「自分の思う正しさを貫くことは、誰かの正しさとぶつかることになって、その中でどうすり合わせていくのかという恋愛の駆け引きを(同作の演技を通して)体験することによって、腑に落ちていくところは多かったです」と明かしていた。

 会見にはそのほか、ブシュロンのアンバサダーを務めるフランスの女優・レティシア・カスタ、同作のメガホンを取った関和亮監督、脚本を手がけた本谷有希子氏、同社CEOのエレーヌ・プリ=デュケン氏も出席。同作は、5月24日から来年3月31日までブシュロンの公式ホームページなどで公開される。



関連写真

  • 「運命の恋」について語った高橋一生(C)ORICON NewS inc.
  • (左から)エレーヌ・プリ=デュケン氏、高橋一生、レティシア・カスタ、関和亮監督、本谷有希子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『Cinder Ella〜ある愛と自由の物語〜』制作発表会に出席したレティシア・カスタ (C)ORICON NewS inc.
  • 『Cinder Ella〜ある愛と自由の物語〜』制作発表会に出席した本谷有希子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『Cinder Ella〜ある愛と自由の物語〜』制作発表会に出席した関和亮監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス