• ホーム
  • 芸能
  • 泉谷しげる、茨城・常総復興支援に精魂尽くす「きれい事じゃ成立しない」

泉谷しげる、茨城・常総復興支援に精魂尽くす「きれい事じゃ成立しない」

 歌手の泉谷しげる(69)が24日、都内で行われた『がんばっぺ!常総フェスティバル2018』直前PRイベントに、神達たけし常総市長、同市の観光大使・千姫ちゃまと共に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同イベントは、2015年9月の東北豪雨による鬼怒川氾濫で甚大な被害を受けた茨城県常総市を盛り上げるべく、泉谷が企画した復興イベント。前回は被災1ヶ月後に開催され、避難所でさだまさし(66)と共にライブを行った。

 泉谷はこれまで阪神淡路大震災(1995年)、東日本大震災(2011年)など発生直後にチャリティー活動を行なっているが、今回も自ら陣頭指揮を取り、企画から資金集めなど毎週、常総市に通いながら多岐にわたり奔走した。

 泉谷は「市長がやりたがりで良かったよ」と冗談混じりで市長に感謝を述べると「やっぱり地元が乗ってくれないと何の意味もない。俺は地元の人間じゃないからなんとでも言える」と外部からの協力の重要性を説くと「地元同士じゃ言えない痛いところ突いていかないと、こういうのは成功しない。きれい事じゃ成立しない」と力説。

 きょうも市長らと共に街頭に立ち、常総市名物の常総福幸米を無料配布しPR活動を行なった泉谷は「とにかく人がいい、なんでも感動してくれる」と常総市民の人柄を褒め「野菜も良いし、安いからぜひ買い出しに行ってもらいたいね」と魅力をアピールした。

 イベント当日には泉谷のライブも予定されているが「何年も聴いたことない人ばっかなんで、デビューするつもりでやらないと、城をぶっ潰すつもりでやります」と泉谷節で気合い。神達市長は「泉谷さんに水害の時、お越しいただいて市民は勇気づけられた。これをスタートにまた復興に向けて頑張っていきたい」と期待を寄せていた。

 今回2年半ぶりに今月28日から5月6日まで豊田城(常総市地域交流センター)で行われ、常総の各飲食店が開発した「スタっぺ丼」が味わえるグルメフェスや特産品の物産展が軒を連ねる。泉谷のライブは5月5日に開催されるほか、自身の絵画約40点の展示に加え、ほぼ毎日トークショーを行う。ライブチケットは前売り券6000円、当日券6500円(ともに税込)、トークショーは入場無料となっており、専用ホームページで確認することができる。



関連写真

  • 茨城・常総復興支援に精魂尽くす泉谷しげる (C)ORICON NewS inc.
  • 常総市名物の常総福幸米を無料配布しPR活動を行なった泉谷しげる (C)ORICON NewS inc.
  • 『がんばっぺ!常総フェスティバル2018』直前PRイベントに出席した(左から)神達たけし常総市長、姫ちゃま (C)ORICON NewS inc.
  • 『がんばっぺ!常総フェスティバル2018』直前PRイベントに出席した泉谷しげる (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス