アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • くりぃむ上田主演『天才バカボン3』GW放送 西田敏行がSPゲスト

くりぃむ上田主演『天才バカボン3』GW放送 西田敏行がSPゲスト

 赤塚不二夫さんの国民的ギャグ漫画を実写化した日本テレビ系スペシャルドラマ『天才バカボン3』がゴールデンウィークに放送されることがわかった。2016年3月に初実写化されて以来3度目の今回も、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也がバカボンのパパ、松下奈緒がバカボンのママ役を続投。今回は西田敏行がスペシャルゲストとして参加する。

 第1弾ではその世界観を再現しつつもつつ、現代の視聴者にも通じる、実写化ならではの「家族愛」を描いたホームコメディー。翌年2017年1月の第2弾ではバカボン一家の年末年始を描きながら、天才児ハジメちゃんが大活躍するサスペンス的な要素も盛り込んだエンターテイメント・コメディーとなった。

 今回は、レレレのおじさん(小日向文世)、おまわりさん(高嶋政伸)、バカボン(オカリナ)など名物キャラに加え西田が演じるバカ田大学の教授・紙一重(かみひとえ)教授が登場。バカボンのパパの母校「バカ田大学」を舞台に、パパが学生時代から天才だった秘密、パパがママと初めて出会った秘密の出来事、パパの恩師である紙一重教授との奇妙な研究プロジェクトなどが明かされる。

 人生をかけて「動物とのコミュニケーション方法」を研究している紙一重は一風変わった教授。「クオリティーを壊さないように、しっかり演じたいと思って臨みました」と紙一重教授になりきった西田は「ドラマの中で飼っている愛犬の名前が『アインシュタイン』という設定なので、自分も急きょ『アインシュタイン』風に変身させていただきました」とそのビジュアルにも注目。

 同ドラマは日テレ系『ゴールデンまなびウィーク』内で放送。西田は「私は、70歳になるんですが、この年になっても学ぶことは多いです。逆に、私が教えられる事はまだ無いように思います。この撮影現場でも、皆さんが、僕に無いものを一杯持っていらっしゃるので、吸い取りたい気持ちです」と積極的な姿勢をみせた。


 上田は「西田さんとの共演シーンでは、毎回、台本には無いアドリブがあったり、セリフの行間を描くような芝居が入ってきたり、『同じセリフでも、こんな表現方法や伝え方があるんだ!』と学ばせていただいています」とベテラン俳優の実力に脱帽。西田と初共演する松下も「西田さんがご出演されている作品は、子供の頃から家族揃って拝見していまして、俳優として、尊敬する大先輩です。ドラマの撮影では、作品ごとにさまざまな方々と出会って、学ぶことがとても多いので、そういう充実した日々が続いてくれれば良いなと思っています」と願っていた。



オリコントピックス