• ホーム
  • 芸能
  • 大地真央、『越路吹雪物語』涙でクランクアップ

大地真央、『越路吹雪物語』涙でクランクアップ

 ”シャンソンの女王”越路吹雪の波乱の生涯を、盟友・岩谷時子との友情を軸に描いてきたテレビ朝日系帯ドラマ劇場『越路吹雪物語』(月〜金 後0:30〜0:50)。越路吹雪役の大地真央が、都内のスタジオでクランクアップした時の様子が明らかになった。宝塚歌劇団の大先輩を演じきった大地は、涙で感謝の思いを口にしていたという。

 ラストの撮影は、越路が入院した病室でのシーン。藤田明二監督の「カットOK!」の声がかかると、大地の歌う「愛の讃歌」が大ボリュームで流れ、親友・岩谷時子役の市毛良枝、夫・内藤法美役の吉田栄作に花束が贈られた。そして、「越路吹雪役・大地真央さん、オールアップです!」と、スタッフから最後に名前をよばれると、大地は感極まって涙を流し、監督から花束を受け取った後は、市毛のもとに歩み寄った。抱き合って、「お疲れさまでした」とねぎらいあう姿は、深い友情で結ばれた“越路吹雪と岩谷時子”のよう。続いて、大地は最愛の“旦那様”を演じた吉田ともハグを交わし、撮影終了を喜び合った。

 大地は涙を流しながら、「この作品と、そして皆さまと出会えたことを本当に心から感謝しています。本当に素晴らしい経験をさせていただきました」と、深く一礼。「あっという間に終わってしまったような感覚で寂しいですが、こんなになっちゃったので(=病気メーク)、終わるしかないのかなと思います。ありがとうございました」と、ジョークを交えて、スタッフ&共演者への感謝を口にしていた。

 吉田は「途中からの参加だったのでスルッと終わってしまうのかなと思っていたら、足かけ4ヶ月間も皆さんとご一緒することができ、昭和の芸能界の歴史を勉強させていただきました。こんなに素敵な奥様(大地真央)にコーヒーを入れていただいて、ただただ幸せでした」とあいさつ。

 市毛も涙を浮かべながら、「私も感無量です。越路吹雪さんの舞台を観て育ってきた世代なのですが、大地さんが越路さんをとても素敵に再現してくださいました。岩谷さんご本人はその姿をお見かけするだけで近づくことのできない存在だったのですが、その方を裏方みたいな私が演じさせていただけるなんて…。“最上級の役”に出会うことができて幸せでした」と、作品への思いを語っていた。

 最後に藤田監督が「小さい美保子(=幼少期を演じた子役・岩淵心咲)、真ん中の美保子(=青年期を演じた瀧本美織)、大きい美保子(=絶頂期を演じた大地真央)、みんな最後に泣くんだよね。もらい泣きしちゃうんだよな」と言いながら、男泣き。そんな監督に、大地は「大きい美保子? “デカ美保子”でしょ(笑)。私のことそう呼んでいるって聞いているんだから…(笑)」と返し、スタジオは涙から一転、大きな笑いと拍手に包まれていた。

 ドラマは残すところあと4話。毎回、プレッシャーにさいなまれながら舞台に立つ越路吹雪(大地)の身体を案じ、時子(市毛)が“越路吹雪の引き際”について考えはじめた矢先、なんと越路本人は演劇界の重鎮・宇野重吉のもとで“本格的な芝居”に挑戦したいと言い出す。その挑戦は大成功をおさめるものの、直後、ある異変が彼女を襲う。愛と歌に生きた大スター・越路吹雪が、人生という名のステージの幕を降ろす時が迫っていた。



オリコントピックス