• ホーム
  • 映画
  • 阿部寛、今度は江戸の荒波を乗り越えるサーファーに 『のみとり侍』第2弾チラシビジュアル

阿部寛、今度は江戸の荒波を乗り越えるサーファーに 『のみとり侍』第2弾チラシビジュアル

 俳優の阿部寛が主演する映画『のみとり侍』(5月18日公開)の第2弾チラシビジュアルが23日、解禁された。第1弾では、浮世絵師・東洲斎写楽の浮世絵「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」をモチーフにした阿部演じる主人公・小林寛之進のビジュアルが印象的だったが、第2弾では本物の写楽の浮世絵も掲載。中面には、江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎の「富嶽三十六景/神奈川沖浪裏」をオマージュした“波乗り小林寛之進”が描かれている。

 原作は、綿密な時代考証を基にユーモアを交え当時の社会を表現する歴史小説の第一人者・小松重男氏の傑作短篇集「蚤とり侍」。その内の人気エピソードを基に『後妻業の女』の鶴橋康夫監督自身が物語を再構築し、監督・脚本を一手に担う。

 作中では、江戸時代に実在した猫の“のみとり”稼業を中心に描かれる。“のみとり”とは、お客様の飼い猫ののみを取って日銭を稼ぐ仕事。しかし、その実態は女性に愛をご奉仕する裏稼業だった。そんな裏稼業を命じられてしまうエリート藩士・寛之進を阿部が演じ、寺島しのぶ豊川悦司斎藤工風間杜夫大竹しのぶ前田敦子松重豊桂文枝らが共演する。

 公開されたチラチ中面には、北斎が描いたダイナミックな荒波の上で、寛之進が猫と一緒にサーフィンをする姿が描かれ、時代の荒波に翻弄されながらも、侍としての生き方を貫き、江戸のビッグウェーブを乗り越えていく寛之進の様を体現している。

 追加キャストも発表され、物語の冒頭で桂演じる老中首座・田沼意次に、さまざまな陳情を訴える江戸の人々として、落語家の笑福亭鶴光が平賀源内を、ジミー大西が呉服問屋の望月屋秀持、オール阪神が香具師の元締・根津屋文吾を演じる。



関連写真

  • チラシ中面に描かれている“波乗り寛之進” (C)2018「のみとり侍」製作委員会
  • 『のみとり侍』第2弾チラチビジュアル(C)2018「のみとり侍」製作委員会
  • 笑福亭鶴光、ジミー大西、オール阪神が出演(C)2018「のみとり侍」製作委員会

オリコントピックス