• ホーム
  • 音楽
  • コレサワ、テレ朝“ゴーちゃん。”劇場版アニメED曲書き下ろし&声優初挑戦

コレサワ、テレ朝“ゴーちゃん。”劇場版アニメED曲書き下ろし&声優初挑戦

 シンガー・ソングライターのコレサワが、テレビ朝日マスコットキャラクター“ゴーちゃん。”の劇場版アニメ『ゴーちゃん。〜モコと氷の上の約束〜』のエンディングテーマ曲として新曲「友達だからかな」を書き下ろし、本編の中で声優に初挑戦していることがわかった。

 同作は、小学校対抗のフィギュアスケート大会を舞台に、スケートを通して主人公のゴーちゃん。と、お友達のモコちゃんが時に反発し合いながら絆を深めていく、“大切な絆”をテーマにした心温まるストーリー。コレサワは、スケート大会の場内アナウンスを担当する、中学生のお友達役を演じた。

 アフレコを終えて「え、こんなにスパスパ進むのー(!?)って驚きました! 歌のレコーディングはもっと自分のタイムで進めるんですが、もう私は監督からの指示に必死に答えるしかできなかったです! 声優のお仕事ってほんとにすごいんだなーと、もうリスペクトがとまらないです」とコメント。

 楽曲については「友達の定義ってよくわからないなーと思って、それをそのまま歌ってみました。『友達だから、こんな気持ちなるのかな!』と、聞いてくれた方が友達について考えてくれたらいいなと思います。歌詞のテーマは『友達』ですが、もう一つは『一緒に過ごす』というテーマです。これは、親と子にも当てはまるテーマだと思っているので、お母さんやお父さんにも届いたらうれしいなぁと思っています!」。

 コレサワの起用について、アニメプロデューサーは「コレサワさんはやさしい歌声と心に響く独特な歌詞が印象的なアーティストさんで、『ゴーちゃん。アニメ』の世界観に、単にファミリー向けアニメにとどまらない心地よい変化をもらしてくれると思いました」とコメントしている。



関連写真

  • テレビ朝日マスコットキャラクター ゴーちゃん。劇場版アニメ『ゴーちゃん。〜モコと氷の上の約束〜』エンディング曲の書き下ろしと声優にも初挑戦したコレサワ(C)2011 2015 tv asahi・SANRIO
  • “録音中”のコレサワ(C)2011 2015 tv asahi・SANRIO
  • テレビ朝日マスコットキャラクター ゴーちゃん。劇場版アニメ『ゴーちゃん。〜モコと氷の上の約束〜』キービジュアル(C)2011 2015 tv asahi・SANRIO

オリコントピックス