• ホーム
  • 芸能
  • 岩永徹也、3・14に1st写真集『Messenger』「このタイミングで出せてよかった」

岩永徹也、3・14に1st写真集『Messenger』「このタイミングで出せてよかった」

 テレビ朝日系特撮ドラマ『仮面ライダーエグゼイド』の檀黎斗/仮面ライダーゲンム役で知られ、現在、クイズ番組などで活躍する俳優・岩永徹也(31)が、3月14日に1st写真集『Messenger』を発売する。ORICON NEWSでは、タイトルに込めた思いや撮影のエピソードを聞いた。

【写真】その他の写真を見る


――1st写真集のオファーを受けた時の心境は?
【岩永】仮面ライダー卒業と30歳のタイミング(現在は31歳・発売が決まったのは30歳の時)で、出せるなら今かなと思っていたので、出せてよかったです。

――タイトル『Messenger』に込めた思いは?
【岩永】自分の魅力を伝えようとするならば、写真だけよりも「言葉」があった方が、自分が「変な人だな」ということが伝わると思ったのと、自分の人となりを外見だけで表すのは難しいと思ったので『Messenger』として自分が死んだ後にも「言葉」を残したいと思いました。

 自分を表現する代名詞、たとえば周りの人が呼んでくれている「王子」だったり、「神」だったり……それを自分自身に対して付けるとするならば『Messenger』かなと思っていて、それをタイトルにしました。

――撮影の印象に残るエピソードは?
【岩永】雪が降っていて、当初予定していたことができなかったこともあったのですが、雪はずっと降り続けているわけではなくて、天気がどんどん変わってくれたので、逆に色々な写真が撮れてラッキーだったなと思いました。雪が積もっている場所から、雪がない場所を求めて移動していたんですけど、その時に車の中でみんなとお話をして、すごく距離が近くなったなと思いました。ゲームの話とかで2〜3時間話していましたね(笑)

――お気に入りのページは?
【岩永】「K」は面白いかなぁと思いましたね。自分で絵コンテを書いたら、そういう風に(絵コンテ通りに)なるように照明とかをうまくやっていただいたりして……。女性の方は、笑っているほうが好きだという方が多い気がするんですが、僕はこういうのも好きですね。

――1st写真集ズバリ何点?
【岩永】100点です!

――岩永さんにとってファンの人とはどのような存在ですか?
【岩永】僕は、ファンの方たちは状況を変える力も持っていると思っています。ファンの人たちがたくさんいた方が、人を動かす力があると思うので、自分に期待してもらえるように結果を出したいなと思っています。

――最後にメッセージを
【岩永】ファンの方がいることで、さらにモチベーションが上がっています。この映画を撮って、この舞台あいさつで、ああいう方が来てくれて……というのをよく思い出しますね。「この時楽しかったなぁ」と思い出すときは、ファンの方たちもエンドロールに入っているような感じで、一緒に思い出すようになったので、写真集も見てくれる人がいてこその作品だと思っているし、作品を出したり、曲を出したり、見てくれる人が多いほど磨かれていくものだと思うので、たくさんの人が手にとってくれるとうれしいし、僕もどんどん成長できると思うので、ファンの方たちには感謝しています。

 写真集の発売を記念して18日に東京・福家書店 新宿サブナード店、25日に兵庫・福家書店 神戸店でイベントを開催する。

■岩永徹也
1986年10月16日生まれ。長崎県出身。186センチ、AB型。趣味=英会話、歌。特技・資格=「JAPAN MENSA」会員、認定薬剤師、カラーセラピストトレーナー、英検2級、TOEIC830点、TOEFL60点、国連英検B級、書道5段、珠算・暗算2級、数学検定2級、普通自動車運転免許、色彩検定2級、仏検4級、世界遺産検定3級。



関連写真

  • 1st写真集『Messenger』の撮影エピソードを語った岩永徹也
  • 岩永徹也 1st写真集『Messenger』より
  • 岩永徹也 1st写真集『Messenger』より
  • 岩永徹也 1st写真集『Messenger』より
  • 岩永徹也 1st写真集『Messenger』より
  • 岩永徹也 1st写真集『Messenger』より
  • 岩永徹也 1st写真集『Messenger』より
  • 岩永徹也 1st写真集『Messenger』より
  • 1st写真集『Messenger』の撮影エピソードを語った岩永徹也
  • 1st写真集『Messenger』の撮影エピソードを語った岩永徹也

オリコントピックス