ドラマ&映画 カテゴリ

内田理央、おっさんの恋合戦に「キュンキュンする」

 女優の内田理央が、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』(4月21日スタート、毎週土曜 後11:15)にレギュラー出演することがわかった。1月期はフジテレビ系『海月姫』で、前髪が長すぎて両目を隠したオタク女子を好演しているが、本作では「目のお芝居」を楽しみにしているという。「1月期のドラマでは前髪で目が隠れていて、相手の目すら見えないので、想像力で演じる部分も多々あるのですが、今回はやっと相手の顔と光が見える(笑)! 目での会話を思いっきり楽しみたいです」と意気込んでいる。

 同ドラマは、女好きだけどモテない33歳のおっさん主人公・春田創一(田中圭)が突然、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、同居している“イケメンでドSな後輩”牧凌太(林遣都)に告白されることから始まる、新感覚・純愛ラブコメディー。

 「台本を読んで、萌えに萌えてしまいました! 『こんなにもキュンキュンするものか!』と、自分でもビックリしました。とにかくもう、吉田鋼太郎さん演じる黒澤部長がかわいすぎて…。こんな作品を私は待っていたのかもしれません! 私自身も新たな部分を開発できるかもしれないなって期待は膨らむ一方です」と内田。本作では、春田の幼なじみ・荒井ちずを演じる。

 明るくサバサバした性格で、恋の相談にも乗ってくれるちずに、春田も少なからず想いを寄せていたのだが…。一方、おっさんたちにモテモテの春田を見て、「あんなダメ男ムリ」とバッサリ切り捨てていたちずも意識し始める!?

 ほかに、吉田扮するヒロイン・黒澤の妻・黒澤蝶子役で大塚寧々の出演が決定。蝶子は30年もラブラブで連れ添った夫からいきなり熟年離婚を切り出された上に、その理由が「ゲイだったから」と知ってしまう。“カミングアウトは突然に”状態の中、知らなきゃよかった“夫の秘密”に我を失うほど翻される。透明感&クール感漂う佇まいとナチュラルな演技が印象的な大塚だが、今回は容赦なく振り回され、大混乱のはてに大暴れする。

 春田の上司・武川政宗を演じるのは眞島秀和。1月期の『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)で、ゲイを演じている眞島が、『おっさんずラブ』で新たに見せる顔とは!? 「武川は仕事に対して真面目だし、営業マンなのにストイックな感じもする男。でも、どこか謎めいた男でもあるので、見る人によっては『この人には何かありそう…』と思うような、得体の知れなさみたいなものも残しながら演じていきたい」と話している。

 ほかにも、春田の同僚には濃厚なメンバーが勢ぞろい。何かとヤバい言動ばかり繰り出すモンスター新入社員・栗林歌麻呂に金子大地、うわさ好きのおしゃべりおばちゃん社員・瀬川舞香に伊藤修子が配役された。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス

メニューを閉じる