• ホーム
  • 芸能
  • キャプテンドラえもん&のび太、日本に実在する宝島に上陸成功

キャプテンドラえもん&のび太、日本に実在する宝島に上陸成功

 シリーズ38作目『映画ドラえもん のび太の宝島』(2018年3月3日公開)にちなんで、日本に実在する“宝島”を目指して、ドラえもんとのび太が大海原へ出航。先日、無事、上陸を果たした。

【写真】その他の写真を見る


 映画は、夢とロマンあふれる大海原を舞台に、太平洋上に突如現れた謎の島に隠された宝を巡って大冒険を繰り広げる物語。今回、ドラえもんとのび太が乗船したのは、1998年に公開された『映画ドラえもん のび太の南海大冒険』以来、20年ぶりに復活した、全長50メートルを超える本物の帆船「新生ドラりん丸 キャプテンドラえもん号」。

 目指したのは、鹿児島県の屋久島と奄美大島の間にあるトカラ列島を形成する有人島の島の一つ「宝島」。面積7平方キロメートル、周囲約13キロの小さな島に約140人が暮らしている。その名のとおり、イギリスの海賊・キャプテンキッドがかつて財宝を隠したという伝説があり、国内外から多くの探検家や賞金稼ぎが訪れたと言われ、歴史的にみても宝島というネーミングにふさわしいロマンあふれる島だ。

 宝島までの航海中、のび太はキャプテンドラえもんの指示のもと、甲板の掃除、見張りや舵取りを行い、乗組員デビューを果たす。

 一方、宝島では、ドラえもんたちがやってくることを知り、島民たちが港に集まって、上陸を待ちわびた。海の向こうに「キャプテンドラえもん号」が見えた瞬間には大歓声が上がり、子どもたちは手づくりのドラ帽子と画用紙にそれぞれが書いた歓迎メッセージを掲げて、お出迎え。歓迎のしるしとして、宝島名産の島バナナを子どもたちから受け取ったドラえもんとのび太も大喜び。その後は、子どもたちと一緒に「キャプテンドラえもん号」に帆を張ったり、島民みんなと記念撮影をしたり、宝島で楽しい時間を過ごした。

 実在する宝島は、思い描いていた通りの青い海と白い雲、緑豊かな自然にあふれるすてきな島。惜しくも今回はキャプテンキッドの財宝は見つからなかったが、宝物以上の子どもたちとの思い出を持ち帰ることになった。

 宝島上陸に成功した「新生ドラりん丸 キャプテンドラえもん号」は、2月3日・4日に、横浜みなとみらいのぷかり桟橋で開催予定の「キャプテンドラえもん号」凱旋イベントを皮切りに、3月18日に名古屋、3月31日に神戸、4月19日に長崎など、全国を回遊して寄港する予定となっている(※寄港場所、寄港日は変更の可能性あり)。



関連写真

  • 『映画ドラえもん のび太の宝島』(2018年3月3日公開)さながらに、日本に実在する宝島を発見したキャプテンドラえもんとのび太(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018
  • 「新生ドラりん丸 キャプテンドラえもん号」に乗って宝島へ(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018
  • 宝島の島民たちとの記念写真(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018
  • 「新生ドラりん丸 キャプテンドラえもん号」は日本の各地に寄港予定(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018

オリコントピックス