ドラマ&映画 カテゴリ

“余命3ヶ月”宣告の大林宣彦「あと30年は映画を作る」 “がん”を一喝「もっと利口になりなさい」

映画監督の大林宣彦(79)が16日、都内で行われた映画『花筐/HANAGATAMI』初日舞台あいさつに登壇。昨年8月の同作のクランクイン直前に、ステージ4の肺がんが見つかり「余命3ヶ月」と宣告されていたが「私の病気のことを心配してくださっていますが、おかげさまで余命3ヶ月(と言われて)から1年4ヶ月を過ごしました」と笑顔で打ち明けると、会場からひときわ大きな拍手が送られた。

大林監督は続けて「あの戦争(第2次世界大戦)で殺されていたら、まだわかりますが、がんくらいでは死なないぞと思って...

この記事の画像

  • 映画『花筐/HANAGATAMI』初日舞台あいさつに登壇した大林宣彦監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『花筐/HANAGATAMI』初日舞台あいさつに登壇した(前列左から)山崎紘菜、常盤貴子、大林宣彦、矢作穂香、門脇麦(後列左から)村田雄浩、窪塚俊介、満島真之介、原雄次郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『花筐/HANAGATAMI』初日舞台あいさつに登壇した(左から)山崎紘菜、常盤貴子、大林宣彦、矢作穂香、門脇麦 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『花筐/HANAGATAMI』初日舞台あいさつに登壇した大林宣彦監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索