• ホーム
  • 映画
  • “余命3ヶ月”宣告の大林宣彦「あと30年は映画を作る」 “がん”を一喝「もっと利口になりなさい」

“余命3ヶ月”宣告の大林宣彦「あと30年は映画を作る」 “がん”を一喝「もっと利口になりなさい」

 映画監督の大林宣彦(79)が16日、都内で行われた映画『花筐/HANAGATAMI』初日舞台あいさつに登壇。昨年8月の同作のクランクイン直前に、ステージ4の肺がんが見つかり「余命3ヶ月」と宣告されていたが「私の病気のことを心配してくださっていますが、おかげさまで余命3ヶ月(と言われて)から1年4ヶ月を過ごしました」と笑顔で打ち明けると、会場からひときわ大きな拍手が送られた。

【写真】その他の写真を見る


 大林監督は続けて「あの戦争(第2次世界大戦)で殺されていたら、まだわかりますが、がんくらいでは死なないぞと思っております。世界が平和になるため、あと30年は生き延びて映画を作ろうと思います」と力強く宣言。「ただ、がんになってひとつ学んだことは、がんも生き物なんです。でも、私が宿主なんで、がんが生きるためにめちゃくちゃなことをして、宿主を病気にさせてしまうと、がんも死ななきゃいけない。バカなやつだな」と笑わせた。

 そこから、ある境地に至ったといい「そんなことを言いながら、ふと私たち人間もがんじゃないのかと思いました。この地球という宿主のもとで暮らしているのに、感謝の気持ちを忘れてしまって、楽しく幸せに暮らすためには温暖化も戦争も大丈夫だろうと思って元気に生きているつもりが、私たちが地球と一緒に滅びてしまう」と力説。

 「地球は宿主なので、一緒に手を取り合って。私もがんに『もっと利口になりなさい。これからも私と一緒に30年生きよう』と言ったら『はい(肺)』と言ってくれた」と一流のジョークで締めくくった。

 同作は、檀一雄氏の小説『花筐』に基づき、大林監督が40年前以上に書き上げた幻の脚本を映画化。1941年の佐賀県唐津市を舞台に戦禍を生きた若者たちの青春群像を描く内容となっている。

 舞台あいさつにはそのほか、窪塚俊介満島真之介矢作穂香山崎紘菜門脇麦常盤貴子村田雄浩、原雄次郎も登壇した。



関連写真

  • 映画『花筐/HANAGATAMI』初日舞台あいさつに登壇した大林宣彦監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『花筐/HANAGATAMI』初日舞台あいさつに登壇した(前列左から)山崎紘菜、常盤貴子、大林宣彦、矢作穂香、門脇麦(後列左から)村田雄浩、窪塚俊介、満島真之介、原雄次郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『花筐/HANAGATAMI』初日舞台あいさつに登壇した(左から)山崎紘菜、常盤貴子、大林宣彦、矢作穂香、門脇麦 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『花筐/HANAGATAMI』初日舞台あいさつに登壇した大林宣彦監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス