ドラマ&映画 カテゴリ

『ドクターX』未知子が病魔に襲われた最終回25.3% 最高時28.9%まで上昇

 女優・米倉涼子が主演するテレビ朝日系ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(毎週木曜 後9:00)の第10話(最終回)が14日に20分拡大放送され、平均視聴率が25.3%だったことが15日、わかった。毎分最高視聴率は28.9%(後10:02)まで跳ね上がった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【写真】その他の写真を見る


 5シリーズにわたる『ドクターX』史上初めて、大門未知子(米倉)が病に倒れて患者になってしまった最終回。自らの治療を後回しにして、日本医療界のトップに君臨する「医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)のオペに挑んだ未知子。かつて類を見ない“絶体絶命の危機”を迎えるが、「川の水が流れるように… それが理想の手術。そして、一番大事なのはどんなに厳しいオペでも決して患者を見捨てないこと。私の大事な師匠が教えてくれた」と、西山(永山絢斗)らほかの外科医たちにその生き様を見せつけた。

 主人公が余命3ヶ月、自らの治療を後回しにして手術に臨むというベタな展開ではあったが、SNS上では、放送開始直後から番組に関するコメントが殺到。冒頭からの勝村政信演じる加地先生の復帰に湧き、岸部一徳演じる師匠・神原晶や内田有紀演じる麻酔科医・城之内博美とのシーンでは「泣いている」と報告する人も多く見られた。未知子をよく知る海老名(遠藤憲一)や蛭間(西田敏行)などのキャラクターも色濃く描かれた。

 シリアスなストーリーの中にも『ドクターX』らしいギャグもあり、メロンとともに請求書を持ってくるシーンでは「35億」をぶち込んでいた。

 初回20.9%でスタートし、第2話=19.6%、第3話=19.0%、第4話=19.1%、第5話=20.8%、第6話=20.7%、第7話=20.1%、第8話=20.6%、第9話=21.2%、最終回=25.3%で有終を美を飾った。

■過去シリーズの全話平均視聴率

第1シリーズ(2012年10月期):19.10%(全8話)※同年の民放連続ドラマ1位
第2シリーズ(2013年10月期):22.98%(全9話)
第3シリーズ(2014年10月期):22.94%(全11話)※全ドラマ年間トップ
スペシャル(2016年7月):22.0%
第4シリーズ(2016年10月期):21.5%(全11話)※同年の民放連続ドラマ1位

関連写真

  • テレビ朝日系『ドクターX』12月14日放送の最終回は視聴率25.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得(C)テレビ朝日
  • 12月14日放送、テレビ朝日系『ドクターX』最終回は史上初、未知子(米倉涼子)が患者に(C)テレビ朝日
  • 患者としての芝居に頭を悩ませたという米倉(C)テレビ朝日

オリコントピックス

メニューを閉じる