• ホーム
  • 映画
  • マーク・ハミルが来日、「スター・ウォーズ」レジェンドの神対応にファン歓喜

マーク・ハミルが来日、「スター・ウォーズ」レジェンドの神対応にファン歓喜

 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)のプロモーションのため、ルーク・スカイウォーカー役の俳優マーク・ハミルが5日午後、千葉・成田国際空港に到着。約400人(公式発表)のファンたちから熱烈な歓迎を受け、時間が許す限りファンとことばを交わしたり、サインを書いたり、写真撮影にも気軽に応じる“神対応”を見せた。

【写真】その他の写真を見る


 「スター・ウォーズ」シリーズ第1作に初登場して以来、シリーズの“象徴”であり続け、最新作『最後のジェダイ』でも物語カギを握るレジェンドが、久しぶりに日本の地を踏んだ。

 成田空港の到着出口には「スター・ウォーズ」シリーズに登場したキャラクターのコスチュームに身を包んだ人々や、ライトセーバーを掲げる人々、さらに、R2-D2やC-3POといったドロイドになりきり、主人であるルーク・スカイウォーカーを迎える熱心なファンが集結。

 午後2時半頃、マーク・ハミルが姿を現すと、待ちわびたファンから悲鳴のような歓声が上がった。マークは「実は高校生の頃には神奈川県に住んでいて、アメリカンスクールに通っていました。その後も日本には訪れたこともあり、そのたびに日本のファンはとても応援してくれるので非常に楽しい時間を過ごせています。日本に帰ってくることができて最高の気分です」と、フライトの疲れも見せず、興奮気味にコメント。

 スター・ウォーズ史上最大の「衝撃作」と期待が高まる最新作については「それだけは今、この場ではどうしても話せないことになっているんです」と沈黙を貫いたが、「日本の熱心なファンに会えて本当にうれしいです。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』をぜひ楽しみにしていてください」とアピール。最後は、お決まりのフレーズ、「May the Force be with you(フォースと共にあらんことを)」で締め、サービス精神たっぷりだった。

 同便でダース・ベイダーの意志を継ぐカイロ・レン役のアダム・ドライバーも到着。2年ぶり2回目の来日となるアダムもサインや写真撮影に丁寧に対応していた。ライアン・ジョンソン監督やキャスリーン・ケネディ氏(ルーカスフィルム社長)も来日し、あす6日のレッドカーペット・イベント、7日の来日記者会見に参加する予定となっている。



関連写真

  • 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)のプロモーションでマーク・ハミルが来日。成田空港で出迎えたファンと(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • ファンの要望に応える神対応を見せたマーク・ハミル(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • カイロ・レン役のアダム・ドライバーもマークと同じ便で来日(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)のプロモーションでマーク・ハミルが来日。成田空港で出迎えたファンと(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

オリコントピックス