• ホーム
  • 芸能
  • りょう、稲森いずみと『ロンバケ』以来21年ぶり共演「大人な空気感が大好き」

りょう、稲森いずみと『ロンバケ』以来21年ぶり共演「大人な空気感が大好き」

 女優のりょうが23日に放送されるフジテレビ系連続ドラマ『刑事ゆがみ』(毎週木曜 後10:00)第7話に出演することがわかった。主人公の刑事・弓神(浅野忠信)と相棒の羽生(神木隆之介)の上司である、菅能(稲森いずみ)の親友・近江絵里子役に起用され、稲森とは女優デビュー作である『ロングバケーション』(フジテレビ系・1996年)以来21年ぶりの共演となる。

 同ドラマは井浦秀夫氏の原作マンガをもとに「何でもありの天才適当刑事」・弓神適当と「出世欲に燃える腹黒刑事」・羽生虎夫による“最強バディ”が、現代社会のゆがみを見抜き、埋もれかけた真実をあぶり出す。今回、二人が追うのは絵里子の服毒死の真相。事件前夜、大学時代の同窓会に出席した菅能は、そこで久しぶりに絵里子と再会。現在は、一流デザイン会社の管理職で、来年にも年下のイケメン実業家と結婚する予定だという絵里子だったが…。

 稲森との再会にりょうは「もう20年前なんですね…稲森さんと久しぶりにお会いしましたが変わらず美しい! 美しさとクールさとかわいらしさと、フワッと包み込んでくれるような大人な空気感が大好きです」と惚れ惚れ。そして「絵里子がお世話になるサービス…こんな仕事があるんですね! と驚きつつも楽しませていただきました。人それぞれの生き方、それぞれの幸せはみんな違う。楽しい人生を過ごしていきたいな」と役柄を通してしみじみと実感していた。
 
 また、絵里子が自殺するはずはないと考えた菅能は、弓神たちに交友関係を徹底的に洗うよう指示。すると、絵里子は左遷されたことがきっかけで、3ヶ月も前に会社を辞めていたことが判明する。そこで浮上した最近、絵里子と親密だったという女性・三枝優里役には女優・早見あかりが決定。

 一視聴者として同ドラマを楽しんでいたという早見は「浅野さん、神木さんが演じられる凸凹バディの空気感が大好きでしたので、一緒にお芝居をするのがとっても楽しみです。今、この時代だからこそ作れる作品だと思います。どういう事かはぜひ観て確かめてみてください。お楽しみに!!」と喜びを表しながらアピールしている。



関連写真

  • フジテレビ系連続ドラマ『刑事ゆがみ』第7話に出演するりょう (C)フジテレビ
  • フジテレビ系連続ドラマ『刑事ゆがみ』第7話に出演する早見あかり (C)フジテレビ

オリコントピックス