• ホーム
  • 芸能
  • 『民衆の敵』第4話の副音声に前田敦子&トレエン斎藤

『民衆の敵』第4話の副音声に前田敦子&トレエン斎藤

 女優の篠原涼子主演のフジテレビ系“月9”ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』の13日放送第4話で、小出未亜演じる前田敦子と、園田龍太郎演じる斎藤司トレンディエンジェル)の両名が副音声を担当することが決定した。

 副音声を収録した斎藤は「ドラマの内容に忠実に副音声をやってみましたので、よりドラマをおもしろく見られると思います!」とコメントするも、前田は「いやいや、まったくのウソですよね…。ドラマと全然関係ないことばっかりしゃべってましたよ(笑)。私が何回、“怖い”って言ったか…。数えてほしいぐらいです!」とツッコミ。

 斎藤は「あっちゃん、あの“怖い”は、誤解を与えるからダメだよ! 何してんのかって思われちゃうから! いまコンプライアンスとか本当に厳しいんだからね」と焦るも、前田は「私ずっと笑っていたので笑い声が邪魔にならないか心配ですね。大丈夫かな…。本編とはまったく関係ないことばっかりしゃべっちゃいましたね」とマイペースに感想を語った。

 第4話では、佐藤智子(篠原)が念願の議員報酬を手にすることになり、夫の公平(田中圭)は焼き肉パーティーを企画。ママ友で新聞記者・平田和美(石田ゆり子)とその娘・あかねも交えて食事を始める。浮かれる佐藤夫婦に、来年は税金も上がるとくぎを刺す和美は、もうひとつ懸念を抱えていた。



オリコントピックス