アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 山田涼介、エリート警察官役でコメディー挑戦 波瑠&小澤征悦と3きょうだいに

山田涼介、エリート警察官役でコメディー挑戦 波瑠&小澤征悦と3きょうだいに

 人気グループ・Hey! Say! JUMP山田涼介が、来年1月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜』(毎週土曜 後10:00)に主演することが5日、わかった。ヒットドラマの“鉄板三大職業”の医者(長男)、弁護士(長女)、警視庁(次男)のエリート三きょうだいが一家の安泰を脅かす事件のみを全力で解決するというコメディーで、山田は次男のエリート警察官を演じる。共演は、波瑠小澤征悦ら。

【写真】その他の写真を見る


 馬鹿馬鹿しくも美しすぎる家族愛と、主役の“エリート感が若干足りない末っ子警察官”が「家族への愛情VS職業倫理観」で葛藤したあげくにひねくりだす屁理屈を伴う活躍と、その人間的成長(?)を見る“どコメディー”なホームドラマとなっている。

 山田が演じるのは、確実にトラブルを解決する一家・北沢家の次男の北沢秀作。東大卒で警視庁に勤務するエリート警察官で、幹部候補生が多く集まる警務部に所属、日夜昇任試験の勉強に励み、未来の警視総監を目指している。難点は正義感が強すぎる性格。山田は「少し変わった家族の愛を描くドラマで、その家族の姿を自分たちがどのように作り上げていけるのかが重要になると思っています。(長女・知晶役の)波瑠さんとは以前共演させていただいていますが、今回は強いお姉さんという違った役どころが見られるのが楽しみです」とコメント。

 そして「僕が演じる秀作は、感情を内に秘めるタイプで家族の中では一番弱い立場でもあるので、どう演じようかといろいろ考えています。僕にとって久しぶりのコメディーなので、現場でもわいわい楽しみながら真剣に取り組んで、視聴者の皆さんに楽しく笑ってもらえるドラマにしていければと思います」と意気込んだ。

 波瑠は長女・千晶で出演。「美」と「知」を兼ね備えた敏腕弁護士で三きょうだいの中で一番の頭脳と弁舌を誇り、一家の頭脳的役割を負っている。「正義感がとても強くて間違ったことは言わないけれど、周りがビックリするような感覚の持ち主なのかなと思います。いわゆるエリートと言われる職業についている北沢家のきょうだい3人はそれぞれがすごく優秀なのですが、上2人の主張があまりにも強くて、結果的に一番下の秀作にしわ寄せがいくという関係性になっています。登場人物たちが真面目におかしなことをするので、私も演じながら笑ってしまうのではないかと、ちょっと心配です(笑)。北沢家の物語がどうなっていくのか、私たちもまだ分かっていないので冒険するような気持ちで、楽しみにしています」と意欲を見せた。

 長男の博文は小澤征悦が演じる。若くして天才と呼ばれる心臓外科医で著名人の手術を多数成功させ、業界にその名をとどろかせる。部下からの信頼も厚く、早くも将来の院長候補とささやかれているという役柄。「すごい化学反応が起こるんじゃないかと思っています。僕が演じる博文は家族を愛しながらも自分が大好きな、ちょっとズレている人で、秀作が博文や知晶に翻弄されていくところが面白くなりそうです」と期待を寄せる。

 小澤自身も父は指揮者の小澤征爾で母は元女優の入江美樹。姉はエッセイストの小澤征良で従兄にミュージシャンの小沢健二という、ある意味でエリート一家。「僕自身の家族は仲が良いんですけど、個々が自由に好きなことをやっているので、どこかで北沢家と通じる部分があるような気がします。変わった家族である北沢家をキャスト・スタッフの力で、2018年は北沢家が理想的な家族の形だと話題になるように(笑)、頑張って作っていきたいです」と誓った。そんな小澤に山田は「初共演ですが、お会いして、小澤さんと僕は顔が似ていることに気付きました(笑)」と兄弟役にピッタリだったことを明かした。

 北沢家の当主・泰蔵役は中村梅雀。私立中学校「北沢学園」の学園長で、三きょうだいを全員東大に進学させた秘訣を書いた著書がベストセラーとなり、志願者が急増。難関私立中学校の名経営者として名を上げる設定で「久々の、というかなかなか来ない系の、曲者の人物の役をいただいてワクワクしています。何が出るか分からない怖さと面白さを持って観ていただけたら最高ですね。どんな展開になって行くか、とても楽しみです(笑)。台本を読んでいて御三方の演技が目に浮かんできます。役にピッタリではないでしょうか。個性的な子供達を持たせて頂いて、ウキウキしています」と心待ちにしている。

 櫨山裕子プロデューサーは「土曜の夜にとにかく笑って楽しく見ていただける『ザッツエンターテインメント」をお送りすべく、今絶賛台本作成中です。エリートでありながら強烈なキャラクターの家族が抱えたトラブルを解決するために、主人公の秀作が切なく七転八倒し、見事(?)事件を解決する勇姿を、ぜひご家族そろってご覧ください」と呼びかけている。



関連写真

  • 波留(C)日本テレビ
  • 来年1月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜』のタイトルロゴ(C)日本テレビ
  • 小澤征悦(C)日本テレビ
  • 来年1月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜』に出演する中村梅雀(C)日本テレビ

オリコントピックス