• ホーム
  • 芸能
  • 変わる学園ドラマ 櫻井翔“35歳の校長”はなぜ誕生したのか

変わる学園ドラマ 櫻井翔“35歳の校長”はなぜ誕生したのか

 10・20代の俳優を主人公としたドラマが減り、学校を舞台にした物語は映画作品で増えつつあるこの頃。人気グループ・櫻井翔主演の日本テレビ系連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(毎週土曜 後10:00)は学園ドラマでありながら、櫻井演じる商社マンが会社の不採算部門である私立高校の校長先生に就任し、学校改革に乗り出す…という社会派ドラマの面を持った作品だ。どのようにこの一風変わった物語が誕生したのか、『Mother』『Woman』など数々の社会派ドラマを手掛けた次屋尚プロデューサーに話を聞いた。

【写真】その他の写真を見る


■“キャスター”櫻井自身を投影させたキャラクター

 作品の根幹となるのが学校外という全く違う社会からやってきたある種の“異物”である櫻井の存在。演出の水田伸生監督は自身手がけた同局連ドラ『ゆとりですがなにか』(2016)から“若者の貧困”という着想を得ていた。「単純に櫻井さんが貧困の若者を演じるのではひねりがない。貧困の若者が演じるこというより、そういう社会があることを伝える使命を持った大人を描こうと始まって、それは誰が伝えるべきか。教師が伝えるべきだ。中高生に向けて教師がそれを伝えようと」。

 「では櫻井くんを教師役に…となるなかで、そこも福田さんが一捻りして優秀な商社マンだった主人公が商社という組織の仕組みで、ある種の理不尽な人事異動により校長になり、その校長が学校改革に向き合う話にすれば会社ドラマも描けるし、学園ドラマも描ける。学校が経営している不採算部門に校長として送られるということなら、リアリティもあるだろうと」。こうして“35歳の校長先生”という設定が誕生した。

 3話まででは校内の問題に直面した鳴海が悩んで迷って考えた結論を終盤、生徒や教師たちに言葉で伝えてきた。鳴海のキャラクターも櫻井本人に寄せた部分があるそうで「櫻井さん本人もお話していると『間違っているかもしれないんですけど…』と前置きをいれながら、僕はこう思うんですよ、とお話される。威圧的なしゃべり方はしない方なのでそういうキャラクターも今回の校長にはあっているなと。ご本人のキャラクターを投影させたつもりです」。

 「櫻井さん自身がキャスターを務めていることで彼が考えたことをしゃべると力強さがある。『NEWS ZERO』でも与えられた原稿を読むだけでなく彼自身の考えが反映されているので、このドラマでも鳴海校長がしゃべっていることなのに、櫻井さん自身の言葉のように見えれば普通の俳優さんが演じるより耳を傾ける層も幅が広がるに違いないと思いました」という“オピニオンリーダー”的な役割を期待して鳴海というキャラクターが出来上がっていった。

■「ヤンキー学園に型破り先生」からの脱却 舞台は教室から職員室へ

 かつて学園ドラマの定番だった土曜ドラマ枠。学校を取り巻く問題や環境が変化するなか、それを舞台に描く作品の世界でもさまざまな試行錯誤を積み重ねている。放送時間は午後9時から10時台に繰り下がり、「お子さんだけでなく親世代にもみていただけるドラマ」と大人世代に刺さるものを目指す。

 次屋プロデューサーは「生徒がメインなのではなく職員室の話を描きたかった」という。「学園ドラマは子どもたちがメインというイメージですが、今回はいわゆるヤンキー学園に型破り先生現る、けんかしながら友情を深める…というのを辞めようというところから企画が始まりました。強いて言うなら“職員室のドラマ”にしようと。劇中で生徒たちは問題も起こしますし、その生徒たちとの向き合い方をテーマにはしていますが生徒がメインではなく、先生たちの葛藤や職員室での模様をメインにしているので学園モノとは違ったドラマだと思っています」。

 確かに作品のなかでは、鳴海に反発しながらも理解を示していく真柴ちひろ(蒼井優)、生徒の学力向上のキーポイントとなるアクティブラーニング型授業のノウハウを持つ英語教師・島津智一(瀬戸康史)などレギュラーの学校関係者は11人いる。リアリティある教師像をつかむため、「辞めた人にも取材したし、辞めて今は塾の先生をやっている人、授業のプロもいれば本を出している人もいました」と、徹底取材主義である脚本家の福田靖氏ともに、20人以上の学校関係者を訪ね、教師の生活や職員室での人間関係まで深掘りして聞いていったそう。

 もちろん物語は先生だけでは進行せず、問題を抱える生徒たちにもスポットが当たる。生徒役全員、約270名を全員オーデションで決定。水田監督のアイディアで普通なら「生徒A」とするところ、そのすべての生徒に役名とキャラクター、性格、部活、成績までバックボーンを付けた。

 「セリフがなくても登下校シーンがあれば同じ部活の子が固まるし、そのときに部活の道具を自分から持ってきたりする。そうするとまんま自然体に学校が再現できちゃう。弓道部だったら髪を短くしたり運動部の子は運動部っぽい格好をしている。もちろん設定は自分が勝手に決めるのではなくてオーデションのプロフィールや雰囲気で監督・助監督が決めているのですがその役を自分自身が演じている。演じる意欲もリアリティも生まれてきます」。

 1、2話では味方がほとんどいなかった鳴海校長だったが、3話から生徒の学力向上のため『アクティブラーニング』という新しいスタイルの授業に目を付ける。このことが功を奏するのか。いよいよ学校改革が始まっていく。生徒の問題を爽快に櫻井が解決したり、明確な悪いヤツをやっつけるような展開はないがSNS上では親子での視聴も多く、丁寧な描写に感心する声や「考えさせられた」という意見も多い。ストーリーはまだまだ序盤。櫻井だからこそ演じられる主人公、そしてこれまでになかったリアルな“学校”の描き方で学園ドラマの歴史を変えるかもしれない。



関連写真

  • 日本テレビ系連続ドラマ『先に生まれただけの僕』第4話場面カット (C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『先に生まれただけの僕』第4話場面カット (C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『先に生まれただけの僕』第4話場面カット (C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『先に生まれただけの僕』第4話場面カット (C)日本テレビ

オリコントピックス