• ホーム
  • 芸能
  • 水川あさみ、『僕やり』オリジナルキャラは「執念深い」

水川あさみ、『僕やり』オリジナルキャラは「執念深い」

 女優の水川あさみが出演する関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『僕たちがやりました』(毎週火曜 後9:00)第6話が22日に放送される。劇中では主人公・トビオ(窪田正孝)の担任・立花菜摘役として原作漫画にはないオリジナルキャラクターを好演。自身の役について「菜摘は執念深い」と分析する水川は「菜摘は謎めいていて、6話以降は今まで描かれていなかった菜摘の過去や真意が少しずつ明らかになっていきます」と予告している。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは窪田が演じる高校生のトビオたちが、イタズラ心で仕掛けた不良への復讐計画が思わぬ爆発事件に発展したことを発端に、仲間たちとともに右往左往しながらも成長していく様を描いた“青春逃亡サスペンス”。第5話の最後では爆破事件の真犯人と名乗る男が警察に出頭し、パイセン(今野浩喜)は釈放。逃亡していたトビオと再会し、「奇跡!元の生活が戻ってきた!」と2人で大喜びする裏で、闇社会のドン・輪島宗十郎(古田新太)の顧問弁護士・西塚(板尾創路)から“協力”の礼にと大金を受け取る菜摘の姿が…。

 後半のキーパーソンとなっていく菜摘は第6話で、なぜかパイセンとデートすることに。撮影を振り返って、「パイセンがうるさすぎて、思わず言ったアドリブが生かされてうれしかった。今野さんが本当に面白いので、撮影は笑いをこらえるに必死でした。菜摘のこういうシーンは珍しいと思うのでぜひ注目して頂きたい」とコメディーシーンにも自信を込める。

 さらに輪島の手下・玲夢(山田裕貴)にナイフを突きつけられる展開も…。事件前日に矢波高校の教師・熊野の不審な行動を見たとトビオに話したり、西塚から金を受け取ったり、パイセンとデートに誘ったりと、爆破事件の裏で暗躍する菜摘によって原作ファンも知らない新展開が訪れる。



関連写真

  • ドラマ『僕たちがやりました』第6話より水川あさみと山田裕貴 (C)関西テレビ
  • ドラマ『僕たちがやりました』第6話 (C)関西テレビ
  • ドラマ『僕たちがやりました』第6話 (C)関西テレビ
  • ドラマ『僕たちがやりました』第6話 (C)関西テレビ
  • ドラマ『僕たちがやりました』第6話 (C)関西テレビ
  • ドラマ『僕たちがやりました』第6話 (C)関西テレビ
  • ドラマ『僕たちがやりました』第6話 (C)関西テレビ

オリコントピックス