アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 観月ありさ主演『櫻子さん』初回視聴率は6.9%

観月ありさ主演『櫻子さん』初回視聴率は6.9%

 女優の観月ありさが主演するフジテレビ系連続ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(毎週日曜 後9:00)第1話が23日放送され、初回平均視聴率が6.9%だったことがわかった。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 観月にとって26年連続30作目の連ドラ主演となる同作は、太田紫織氏による原作小説をもとに“三度の飯より骨が好き”という変人な美人標本士・九条櫻子が難事件を解決に導くミステリー作品。櫻子に振り回される博物館勤務の館脇正太郎をKis-My-Ft2藤ヶ谷太輔が演じるほか、高嶋政宏新川優愛上川隆也らが脇を固めている。

 第1話では館長から命じられるがままに初めて櫻子の邸宅を訪れた正太郎はひょんなことから、櫻子が博物館から組み立てを依頼されていた骨の発見場所に向かうことに。そこにあったのはなんと人間の白骨死体。あまりの驚きに腰を抜かす正太郎を尻目に櫻子は「素晴らしい」と恍惚の表情を浮かべる。正太郎の通報で、刑事の山路輝彦(嶋政宏)、近藤卓也(細田善彦)と鑑識がやってくるが、遺体は完全に白骨化しているため、詳細は調べないと分からないと言う。ところが櫻子は、死亡推定時期、年齢、性別、利き手まで、スラスラと言い始めて刑事を驚かせるなか、遺体の“歯”に注目し…というあらすじが展開された。



オリコントピックス