アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • シルバー狙い大当たり『やすらぎの郷』初回8.7%の好発進

シルバー狙い大当たり『やすらぎの郷』初回8.7%の好発進

 テレビ朝日系で「中高齢の視聴者向け」と銘打ち、新設された“シルバータイムドラマ枠”で『やすらぎの郷』(月〜金 後0:30〜0:50)が3日、スタート。初回の番組平均視聴率が8.7%だったことが4日、わかった。最高で9.4%を2回(後0:39、0:44)記録。昼の時間帯としては好発進となった(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 同ドラマは、『北の国から』などの脚本家・倉本聰氏が、夜のゴールデンタイムに若者向けのドラマが数多く放送され、大人の観るドラマが少ないという現状に対し、ゴールデンタイム以外の放送枠で毎日放送する、大人のためのドラマを企画。

 ドラマの舞台は、テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム『やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ、イタリア語で“道”の意)』。かつて一世を風靡したシナリオライター・菊村栄(石坂浩二)を中心に、このホームに入居した往年の大スターたちの姿を描き、家族、財産(遺産)、過去への想い、恋、死への恐怖、芸術への心残りなど、多岐に渡るテーマをユーモラスに描いていく。

 石坂をはじめ、浅丘ルリ子有馬稲子加賀まりこ五月みどり野際陽子藤竜也ミッキー・カーチス八千草薫山本圭草刈民代常盤貴子名高達男風吹ジュン松岡茉優らが出演する。

 初回は、認知症の妻・律子(風吹)を看取って半年、ようやく気持ちの整理がついた脚本家の栄(石坂)は、生まれてから80年近く暮らしてきた東京を離れる決意を固める。妻の墓前に花を手向け、住職に遺言書を預けた栄はその晩、テレビの黄金期を共に築いた“戦友”のディレクター、中山保久(近藤正臣)と会うことを約束。初めて胸の内を明かすつもりで、栄の小学校時代の同級生(小松政夫)が営む居酒屋『侘助』へと出かけていく、というストーリーだった。



オリコントピックス