• ホーム
  • 芸能
  • 元宝塚女優の北翔海莉に新納が珍エール「“性転換”うまくいってる方」

元宝塚女優の北翔海莉に新納が珍エール「“性転換”うまくいってる方」

 昨年11月に宝塚歌劇団を退団した元星組トップスターの北翔海莉24日、都内で行われたミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』の制作発表に出席。共演者で昨年の大河ドラマ『真田丸』で豊臣秀次役を好演した新納慎也(41)から珍エールが送られた。

【写真】その他の写真を見る


 北翔にとって、これが退団後初の女役となり「女優としての初舞台を踏ませていただく。たくさんの不安があります。かわいい女性の雰囲気の引き出しがない」と弱音なコメント。21年間、男役をしていただけに、この日の会見も男性のような立ち姿になる場面もあった。そんな北翔に相手役を務める新納は「宝塚を退団したばっかりの方と共演させていただいていますけど、“性転換”うまくいってる方だと思います。割りと早め。もうちょっとゆっくり“性転換”される方もいらしゃるんでね」と言葉をかけると、北翔も苦笑いを見せた。

 新納は「おそらく僕の方が女性役をよくやっている。半分ぐらい女性役でストッキングを履いているので。ドレスさばきとか教えます」と女性役の指導者に立候補。けいこ場からヒールを履くなどして女性になりきることがコツだと明かし、北翔は「いろいろ教えてください」と弟子入りに前向きだった。

 また、新納は「この役はハンサムなんです。僕の見た目はハンサムなんですけど、なぜか日本のミュージカル界は気づかなかった。だいたい女装とか、ゲイだとかを担当させていただいた。やらせてくれれば、ナンボでも二枚目できるんだけどなと思っていたんですけど、念願叶ってやらせていただくことになりました」とニンマリ。「これを機に新納慎也、こういう手も持っているんだよとアピールさせていただきたい」と新境地開拓に意欲を燃やした。

 『パジャマゲーム』はアメリカのパジャマ工場を舞台に、北翔演じる賃上げを求める労働者の急先鋒のベイブと新納演じる新任の工場主任・シドの恋をめぐるコメディー・ミュージカル。9月25日から10月15日まで東京・日本青年館ホール、10月19日から29日まで大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演される。

 会見には大塚千弘(30)、上口耕平(31)、広瀬友祐(31)、栗原英雄(51)、演出のトム・サザーランドも参加した。



関連写真

  • ミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』制作発表に出席した北翔海莉 (C)ORICON NewS inc.
  • 『パジャマゲーム』の制作発表の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』制作発表に出席した新納慎也 (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』制作発表に出席したトム・サザーランド (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』制作発表に出席した大塚千弘 (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』制作発表に出席した上口耕平 (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』制作発表に出席した北翔海莉 (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』制作発表に出席した(左から)北翔海莉 、新納慎也 (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』制作発表に出席したトム・サザーランド (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』制作発表に出席した広瀬友祐 (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』制作発表に出席した栗原英雄 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス