アニメ&ゲーム カテゴリ

松本人志、『君の名は。』鑑賞 「悪くなかった」

 お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志が30日、フジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 後10:00)に出演し、現在大ヒット中のアニメ映画『君の名は。』の話題で、「名言なのか、暴言なのかわからない」(ウーマンラッシュアワー村本大輔)発言で同局の山崎夕貴アナウンサーを困惑させた。

 現在、観客動員数で9週連続1位、興行収入164億円を突破し、歴代第9位にまで記録を伸ばしている同映画。松本は、比較的早い段階で同映画を鑑賞していたといい、「悪くなかった」と一定の評価。続けて「もったいないな、と思ったのは、『シン・ゴジラ』と(公開)時期がかぶって、食い合いしたかな。(『君の名は。』がなければ)もっと(『シン・ゴジラ』に観客が)入っていた。モスラとは戦えるけど、『君の名は。』とは戦えない」と語り、どちらかと言えば『シン・ゴジラ』推し? 『君の名は。』のヒットで割りを食った作品もあることに思いを寄せていた。

 さらに、自身も映画監督として作品を発表している松本から「100億円を越えようと思ったら、ブスなOLを巻き込まないとな」といった発言が飛び出し、スタジオは不穏な空気に。村本が「名言なのか、暴言なのかわからないんですけど」とリアクションに困っていると、MCの東野幸治が「いや、名言でしょう。何となく、こうゆう恋愛をしたい人っているでしょう?」とフォロー。

 これに不快感を示したのは『君の名は。』を観て「キュンキュンしました」と語っていた山崎アナ。「ひどいです」と非難の眼差しを向けられた松本は「ブスはおるやろ、くさるほど」と火に油を注いでしまう。さらに、「女子アナの中で12位くらいだって、いつも言っているでしょう」としたが、山崎アナは「素直に喜べない12位」と不満げな顔を見せていた。



関連写真

  • 松本人志 (C)ORICON NewS inc.
  • 劇中カット(C)2016「君の名は。」製作委員会

オリコントピックス