ドラマ&映画 カテゴリ

夏ドラマ、狂気の妻演じた木南晴夏が「助演女優賞」

 夏ドラマを対象に、“質の高いドラマ”を表彰する「第5回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」。「助演女優賞」には、『せいせいするほど、愛してる』で、主人公の武井咲と不倫の恋に落ちる滝沢秀明の妻役を演じた木南晴夏が選ばれた。

 同作で木南は、夫を愛するがゆえに豹変する痛々しくも哀しい女性を演じた。その演技に審査員は、「笑顔でも目は笑っていないなど、細部にまで狂気をはらませた行き届いた演技がドラマに軸を通した」(日本経済新聞・赤塚佳彦氏)とコメント。「この泥棒猫!」や「メス豚!」などの暴言を吐き、ナイフを振り回すといった場面も話題となったが、「病的ともいえる振り切った演技や大げさなセリフは、主演を食うほどの存在感があった」(読売新聞・笹島拓哉氏)と評される怪演ぶりだった。

 またドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の視聴者コメントでも、「奥さんの迫力が、怖いぐらいでした」(40代男性/奈良)、「言動が毎回突き抜けていて、怖いけれどハマっています!」(20代女性/東京)という声が多数。木南が今作で表現した“愛するがゆえの怖さ”は、多くの人の心を掴んで離さなかった。

 このほかには、『はじめまして、愛しています。』で、児童相談所のベテラン職員という役どころを、見事な存在感で演じた余貴美子を推す声も多くあがった。


※「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」とは、オリコンのグループ会社oriconMEが発行する、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する「質の高いドラマ」を表彰する賞。視聴者の評価は、『コンフィデンス』が毎週、約700名を対象に調査しているドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の累積平均データを使用。審査員の投票結果と合計したうえで、最終的には有識者20名による審査会で決定する。
※なお「助演男優・女優賞」、「脚本賞」「新人賞」は、審査員投票で決定。

関連写真

  • 木南晴夏の『せいせいするほど、愛してる』出演シーン(TBS系)
  • 喜びのコメントを寄せた木南晴夏(受賞カット)

提供元:CONFIDENCE

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索