アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ヒロミ、妻・松本伊代の後押しで10年ぶり連ドラ出演「ママが『やりなさい』というので」

ヒロミ、妻・松本伊代の後押しで10年ぶり連ドラ出演「ママが『やりなさい』というので」

 タレントのヒロミが、7月17日スタートの日本テレビ系日曜ドラマ『そして、誰もいなくなった』(毎週日曜 後10:30※初回のみ後10:00〜)で10年ぶりに連ドラ出演を果たすことが26日、わかった。ヒロミが演じるのは、主人公・藤堂新一(藤原竜也)が勤めるシステム開発会社の上司・田嶋達生。2006年の時代劇『新・桃太郎侍』(テレビ朝日)以来となるドラマのオファーを受けた経緯について、ヒロミは「最初は無理だと思って断りましたが、最終的にママ(伊代夫人)が『やりなさい』というので『わかりました』とお引き受けしました」と妻の後押しがあったことを明かした。

 同ドラマは、仕事もルックスも完璧な男・新一の人生がある日、同姓同名の男“藤堂新一”が逮捕されたことをきっかけに狂い始める、完全オリジナル脚本のサスペンス作品。コネ入社の社員である田嶋は、仕事はできるとはいえないが、そのサバサバしていて裏表のない性格は上司にも好かれ、部下からも慕われているという役どころだが、ヒロミは「慕われているのにちょっと悪いことしているというところが、僕と似ています」とニヤリ。

 撮影現場については「とても新鮮ですよ!セリフ覚えたりとか、あまり普段にない経験をしています」と充実の表情を浮かべつつも、「ドラマとバラエティーでは全然違いますね。この先に何を話すんだっけ?とか頭が真っ白になることは、バラエティーではないことですから」といまだ慣れない様子。「役者さんと映っているのが不思議な感覚で、最初に竜也くんに会ったときは『一緒に映ってごめんね』と話しました。『俺でいいの?』と何度も聞いています」と弱気な発言も飛び出した。

 また、新一の後輩で一番弟子のような存在・五木啓太を俳優・志尊淳が演じることも発表。何やら裏の顔を持つ役柄のようで「皆さんがこのドラマをご覧になってどう思うのかすごく楽しみです。こいつ本当に嫌な奴だと、徹底的に嫌いと思っていただければ光栄です」とコメントしている。

 「普段はドラマで見ることができない、レアな方に出演いただきたい!」と、ヒロミにオファーした鈴木亜希乃プロデューサーは「バラエティーで活躍されている姿とはまた違った、真剣で、渋い、だけどヒロミさんらしい、“ドラマのヒロミさん”に、ぜひ期待していただきたいです!」と自信を持ってアピール。志尊には「藤原さんを慕う後輩という役どころですが、そこに隠された“裏の顔”をどう演じていただけるのか、今から楽しみでしょうがありません」と期待を込めていた。



オリコントピックス