ドラマ&映画 カテゴリ

三谷幸喜とクドカン、舞台出身・売れっ子脚本家が手がけるドラマと映画の違いとは?

現在、日本を代表する売れっ子脚本家といえば、三谷幸喜と宮藤官九郎の名がまず挙がるだろう。三谷はNHK大河ドラマ『真田丸』、宮藤は4月期ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)を手がけている最中。両者ともテレビドラマの脚本のほか、映画監督も務めるが、ドラマでは名作を生み出している一方、映画に関しては毎回その評価が真っ二つに別れるという共通点もある。エンタメシーンのど真ん中で活躍する人気脚本家ふたりのドラマと映画では何が違うのだろうか。

◆名作ドラ...

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索