• ホーム
  • 芸能
  • 宮沢りえ、朗読「官能的」と褒められ上機嫌

宮沢りえ、朗読「官能的」と褒められ上機嫌

 女優の宮沢りえが16日、都内で行われたオーディオエンターテインメントサービス『Audible パプリック リーディング−物語に耳を澄まそう−』プレスカンファレンスに登壇した。

【写真】宮沢りえ、素肌にGジャンでセクシーな美ヘソがチラリ


 イベントではイラストレーター・エドツワキ氏がライブペインティングをパフォーマンスするなか、宮沢が宮沢賢治著『雨ニモマケズ』を朗読。エド氏から「りえさんの肉声を背中に受けながら描くのはある種、官能的」と絶賛されると「あ〜ほんと? まぁそれは本当にうれしい」と上機嫌でほほえんだ。

 「朗読やナレーションのお仕事では、力を抜いて、声を発する。言霊にするには、身振り手振りをする以上に一言一言にエネルギーを注がないといけないので精神を整えるよう意識しています」とこだわりを明かした宮沢。幼いころ、慣れ親しんだ作品を改めて朗読し「胸が熱くなって、泣きそうになってしまった。物や情報があふれるなかでとても欲深く生きている自分が恥ずかしくなって、きゅうんとしたんですよね」としみじみと感想を明かした。

 また、コピーライターの糸井重里氏も登場し、宮沢の朗読について「娘のときの声と今の声が幅が違う。小さいときも届く声ではあったけど“包む”という要素が増えたので泣きそうになりました」と感心させていた。宮沢による『雨ニモマケズ』と糸井の朗読による自身の著書『小さいことばを歌う場所』は同日より配信開始。



関連写真

  • 朗読が「官能的」と褒められ上機嫌だった宮沢りえ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)パフォーマンスをするエドツワキ氏&朗読をする宮沢りえ (C)ORICON NewS inc.
  • 宮沢の朗読に「泣きそうになりました」と感心していた糸井重里氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 宮沢賢治著『雨ニモマケズ』を朗読する宮沢りえ=『Audible パプリック リーディング−物語に耳を澄まそう−』プレスカンファレンス (C)ORICON NewS inc.
  • 『Audible パプリック リーディング−物語に耳を澄まそう−』プレスカンファレンスに登壇した宮沢りえ (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス