• ホーム
  • 芸能
  • 中村玉緒、着物デザイン25周年に感慨「1年で終わると思ってた」

中村玉緒、着物デザイン25周年に感慨「1年で終わると思ってた」

 女優の中村玉緒が4日、都内で着物創作活動25周年記念イベント『極粋の宴 in TOKYO』を開催した。友禅作家の千地泰弘氏とともに自身がデザインした着物をファッションショー形式で披露した。

 中村は1990年に千地氏の指導のもと、着物のデザインを開始しブランド「玉緒の着物」を発表。「1年くらいで終わると思っていた」というが、「まだ(自分が着物をデザインすることを)ご存じない方に見てほしいと思ったら25年。夢というのは実現するんだと思いました」としみじみ振り返った。

 ブランド立ち上げ時、当時としては珍しいバラ柄を着物で取り入れた中村は、これからも「バラは一生やっていきたい。今は蘭の花を少しずつやり始めました」と語った。

 また、中村は「2年間で9キロ痩せた」といい、「それはよかったんだけど、5月にストレスで帯状疱疹になった。痛かったんですよ、それで3キロ痩せました」と明かした。



タグ

オリコントピックス