• ホーム
  • 芸能
  • 木村拓哉もついに仮面に!? 上戸は無事にクランクアップ

木村拓哉もついに仮面に!? 上戸は無事にクランクアップ

 SMAPの木村拓哉が主演するテレビ朝日系ドラマ『アイムホーム』(毎週木曜 後9:00)。妻子の顔が仮面に見えてしまう主人公・家路久を演じる木村も11日放送の第9話で、仮面姿を披露することがわかった。

 これまで上戸彩が演じる妻・恵と、子役の高橋來が演じる息子・良雄の仮面姿は頻繁に見られたが、仮面はすべて後からCG処理を加えて表現している。久の目線でモーションキャプチャー用に同じシーンを再度撮影するなどしてきた。

 木村は「9話ではついに久の顔にも仮面が付いてしまうことになります。どうして仮面になってしまうのかはご覧になってのお楽しみなのですが、この撮影期間を通して上戸さんと來くんが行なってきた“作業”を僕もやらせてもらえた、というのはよかったです(笑)。二人の気持ちを少し実感できたというか」と撮影を振り返りながら、「久にとってある種“否定的なもの”だった仮面というものが、自分の上にも降りかかってしまったショックは大きかったんじゃないかな」と分析する。

 なぜ久まで仮面になってしまうのかも含め、さまざまな謎が今後の物語で明かされていく。久の記憶は戻るのか? さらに思い出して欲しいのは第1話のラストで恵が久に言っていた「良雄が本当に自分の子どもだと思ってる?」というせりふ。あの言葉の意味とは? なぜ恵はそんなことを聞いたのか…。その言葉に隠された衝撃の過去とは? 良雄は久の子どもではないのか? 

 きょう4日放送の第8話では、恵のパソコン内にある、良雄のサッカークラブのコーチ・本城剛(田中圭)との親密な写真を見てしまった久は動揺を隠しきれない。そんな久自身も部長の小机幸男(西田敏行)に誘われるがまま、飲みに行って泥酔し、間違って昔の愛人・白石杏子(吹石一恵)のマンションに帰ってしまう。自分たちが1年ほど不倫関係にあり、地方転勤とともに関係を解消していたことを杏子から聞いた久はがく然…。恵の不倫を疑う中で自身の衝撃的な過去を知ってしまい、どうしていいかわからなくなる。さらに、前妻・香の病気のことも知ることとなり…。久の過去にまつわる秘密が次々と明らかになり、久を取り巻く環境も一気に変化していく。

 「最終回まで残すところあとわずかとなってしまいました。共演の皆さんが続々クランクアップしていき、香盤表からキャストの名前が減っていくのを目の当たりにすることで『あぁ、終わりに向かってワンカット、ワンカット進んでいるんだな』って実感させられています」と木村。放送開始直前に妊娠を発表した上戸は、先月末に無事に収録を終了。前妻役の水野美紀も収録を終えており、「僕はふたりの“妻”に去られてしまいました」と笑顔を見せながらも少しさみしそうにしていた。



関連写真

  • 6月4日放送、テレビ朝日系ドラマ『アイムホーム』第8話より。主人公・久の妻・恵(上戸彩)と本城(田中圭)が抱き合う衝撃シーンの顛末はいかに!?(C)テレビ朝日
  • 久と不倫関係にあった愛人が登場。演じるのは、女優の吹石一恵(C)テレビ朝日
  • 6月4日放送の第8話で久の過去にまつわる秘密が次々と明らかになる(C)テレビ朝日

オリコントピックス